【ハウツー】

iPhoneで電話すると、いつも自分の声が聞き取りにくいと言われてしまう!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneで電話すると、自分の声が聞き取りにくいと言われてしまう!?」という質問に答えます。

***

iPhoneには、複数のマイクが搭載されています。iPhone 5の場合、本体下部イヤフォンジャックの右隣(以下、マイク1)と、表面上部の受話口付近(マイク2)、背面のカメラレンズ付近(マイク3)の計3カ所に小型マイクが装備され、いろいろな場面で利用されています

その3つ用意されたマイクは、いずれも良好な音声通話(電話)に欠かせません。マイク1は自分の声を集音する役割を持ち、マイク2と3は主に「ノイズキャンセリング」に利用されます。周囲の余分な音(環境音)を小さくすることで、自分の声をはっきりと相手に届けることがノイズキャンセリングの目的です。

複数のマイクは、クリアな話し声を相手に届けるために重要な役割を果たします。一般的にマイクは広い範囲から音を拾いますが、iPhone 5ではマイク2/3を使い音源の方向を割り出し(ビームフォーミング)、特定位置から発せられる音声、つまりユーザの話し声を強調することを可能にしているのです。

逆にいえば、ビームフォーミングに利用されるマイク2/3を塞いでしまうと、ユーザの話し声を検出する精度が低下します。iPhone向けには多種多様なケースが販売されていますが、マイクを覆わないよう配慮された製品を選ばないと、「あなたの声は聞き取りにくい」と通話の相手から指摘されかねないということです。そう言われてしまった場合には、原因がケースにあるかどうか切り分ける確認するために、ケースを外した状態で音声通話してみましょう。

写真で解説

実際にはありえませんが、このように2カ所のマイクを押さえるような形で音声通話すると、自分の声は相手にとって聞き取りにくいものになると考えられます

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (5) HTML5のコメント記述法
[10:00 8/27] 企業IT
お金の使い方は上手ですか? -「安物買いの銭失い」「ときどき爆買い」
[10:00 8/27] マネー
MF文庫J、8月新刊は9タイトル! 『ノゲラ』『アリア』などの最新巻が登場
[10:00 8/27] ホビー
『マジきゅんっ!ルネッサンス』追加キャスト発表! 主人公役は千本木彩花
[10:00 8/27] ホビー
バージョンアップで人間にまた近づいた? - 進化を続ける「ロボホン」が生活を変える!
[09:00 8/27] スマホとデジタル家電