【ハウツー】

意外に知らないAndroid - スマートフォンが熱くなったときの対処法

いよいよ暑い季節がやってくる……。「最近、なんだか本体が熱くなるんですけど夏場は大丈夫かな? 」というスマートフォンユーザーも多いだろう。GPSを起動してマップアプリを利用しているときやワンセグやYouTubeなど動画を視聴しているとき、長電話の後など自身のスマートフォンがカイロの様に熱くなることがある。こういった場合に筆者が行っている対応方法をいくつか紹介したい。

熱くなったらケースを外す

1. 発熱したら冷ますが基本

まず「端末が熱くなったら冷ます」これが基本だ。自身のスマートフォンが熱くなったら、ケースやカバーから外し自然冷却させよう。電源を落とし、バッテリーを外して冷やすのも良いだろう。だが、急激な冷却は精密機器であるスマートフォンに悪影響をあたえかねないので、端末が防水だからと冷水にかけたり、冷気にさらしたりするのは避けよう。

2. 防塵防水スマホはヘッドホン端子や充電端子の蓋を開けて冷ます

端子部分をキャップでフタをするタイプの防塵・防水スマートフォンを使っている場合は、フタを開けてしまおう。こうすることで内部の熱を逃がすことができる。

3. 発熱する原因を探して対策しよう

理由はわからないが発熱してしまう、という場合は原因をつきとめておこう。GPSがオンになっていないか、ライブ壁紙などのアニメーション処理が負担をかけていないかなどだ。また、利用していないアプリがバックグラウンドで動作していないかなどもチェックすると良いだろう。実行中のアプリは設定項目で確認可能。電源管理の項目で、使用率の高いアプリをチェックするのも良いだろう。

設定の実行中アプリの一覧で意図せず稼働しているアプリを見つけよう

本稿で紹介した方法を試しても発熱する場合は、バッテリーの不具合など内部の故障が原因ということも考えられるので、キャリアショップに持ち込み、店員さんに相談するのが良いだろう。

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事