【レポート】

予約再開が決定した"手書き特化"タブレット端末「enchantMOON」を発売前に触ってきた - 樋口真嗣や安倍吉俊らが設計から参加

1 クリエイターたちが設計から参加した個性的な端末

 
  • <<
  • <

1/2

ユビキタスエンターテインメントが発売する「enchantMOON」は、アプリケーション開発をメインに手がける同社が、OSからハードウェアまで独自開発したタブレット端末。映画監督の樋口真嗣やイラストレーターの安倍吉俊、哲学者の東浩紀といった各界で活躍する著名人たちが設計段階から参加しているだけあって、一般的なタブレット端末とはかなり異なる物に仕上がっている。

その「手書き」に特化した挑戦的なコンセプトや、従来のタブレット端末とは一線を画した筐体デザインなどがガジェット好きの心をくすぐったのか、予約段階で注文が殺到。その想定以上の注文のために、販売が延期されるまでに至るなど、多くの人の期待を集めている。今回は発売に先駆け、一足先に「enchantMOON」のタッチ&トライを行いながら、同社の「enchantMOON」製品担当者にお話を伺った。

ユビキタスエンターテインメントのオフィスエントランス。宇宙船のコクピットをイメージしたような雰囲気

クリエイターや学者の英知を結集した"未来のガジェット"

冒頭でも述べたが、「enchantMOON」の開発には、著名なクリエイターや学者が密接に関わっている。映画監督の樋口真嗣は、製品のPV制作などいわゆる本業としての部分だけでなく、豊富なガジェットの知識を生かし、この"未来のガジェット"をつくるための開発会議にも参加。また、同機種のシンボルともいえるメカニカルなハンドルは、イラストレーターの安倍吉俊がデザイン。そして、同社の開発チームが抱いていた「手書きで入力するマシンは世の中のためになる」という仮説を哲学者・東浩紀が文化史の視点から見直し、手書きから活版印刷、キーボードと進んできた記録手段が、今こそ手書きに回帰するというストーリー設定を行ったのだという。

次ページでは、「enchantMOON」本体の外観とUIの基本思想を紹介する。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) クリエイターたちが設計から参加した個性的な端末
(2) "手書きで操作"する新感覚のUI

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT
[小倉智昭]「とくダネ!」が放送回数最多に 17年4カ月で無遅刻4452回
[11:17 7/28] エンタメ

求人情報