【レポート】

アップルが「iOS 7」の日本語ページを開設!! 新機能・デザインを改めてチェック!!

1 新デザインのUIに注目

  • <<
  • <

1/3

今秋の提供開始が予定されている、iOS 7。アップルの公式Webサイトにも日本語ページが開設された。次期OSでは何がどう変わるのだろうか。本稿で改めておさらいしていこう。

アップルの公式Webサイトに登場したiOS 7の紹介ページ

デザインが一新

iOS 7では、ユーザーインターフェースが「まったく新しいデザイン」に一新される。デザインコンセプトは「もっとシンプルで、もっと便利で、もっと楽しめるのに、初めて手にした瞬間から使い慣れた感覚があるもの」。従来のiOSは立体感のあるアイコンが特徴的だった。しかしiOS 7では、アイコンが平面的なフラットなデザインに変わる。また、必要のないバーやボタンは表示されなくなるという。アップルが追求しているシンプルさとは、一体どんなものなのだろうか。

アップルでは「iOSの新しい章が、このiOS 7から始まります」とアピールする。フラットな形状のアイコンが目新しく感じられる

アップルは、シンプルの定義として「単に不要なものや装飾を省くだけでなく、あるべき姿をしかるべき場所で必要な時に提供すること」とする。複雑さに秩序をもたらし、常に「思いどおりに動く」ものをつくる。そうすることで、「初めて手に取った時でも、自分がしたいことをする方法を知っている」。当然のことながら、ただ単純化しただけではないというわけだ。

iOS 7を紹介する動画も用意された(原稿執筆現在は英語のみ)

アップルではiOS 7が紡ぐ世界観を「指先への反応はダイナミックで、アニメーションは映画のように美しい。意外性に満ちているのにとても自然で、いきいきとした体験が広がっていく」と説明する。「中心にきちんと人間を置いて設計された製品に、人はつながりを感じるようになり、製品が単なるデバイスではなくなる」。プリインストールが予想される「天気アプリケーション」を開けば、それが感じられるという。

天気アプリケーションの利用イメージ。雨(あられ)が文字に当たって跳ね、霧が目の前を流れていく様子を眺めれば、まるで窓の外をのぞいているような気分になるという

このほかWebページでは電話、メール、Safari、App Store、iTunes Storeといったお馴染みの機能・アプリのUIがどのように変わるのか、確認することができる。

電話、メール、Safari、App Store、iTunes Storeといった機能・アプリのUIも一新される

新しい機能の追加

iOS 7では、機能面でもコントロールセンター、iOSのためのAirDropなど「まったく新しい機能」が採用されている。マルチタスキングも"より賢く"なって搭載される見通しだ。

機能も一新。画期的な機能が搭載される

コントロールセンターを利用すれば、機内モード、Wi-Fi、Bluetooth、おやすみモードのオン/オフ、画面の向きのロック、明るさの調整、曲の再生/ 一時停止/ スキップ、AirPlay対応デバイスへの接続、フラッシュライト、タイマー、計算機、カメラなどの機能へすばやくアクセスできる。ディスプレイを上に向かってスワイプするだけで起動できるのでユーザビリティが格段に向上する。

上に向かってスワイプするだけで起動できるコントロールセンター

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 新デザインのUIに注目
(2) 新機能の詳細とは?(1)
(3) 新機能の詳細とは?(2)

人気記事

一覧

新着記事