【ハウツー】

iPhoneで撮った写真を「銀残し」でかっこよく加工する方法 - iPhoneアプリでお悩み解決

 

買いたてほやほやのiPhoneではできることが限られています。そんなときはアプリの力を借りたいものです。とはいえ、どんなアプリを使えばわからないという方もいるはず。ここでは、あなたのお悩みを解決するiPhoneアプリを紹介します。今回のお題は「iPhoneで撮った写真を「銀残し」でかっこよく加工する方法」です。

***

印象的なものを町で見かけたら、iPhoneでサクッとスナップ! いつでも持ち歩いているiPhoneだからこその楽しみですよね。でも撮ったはいいものの、何だかちょっと物足りないなぁ……そう思うことも多いのでは?

そんなときにオススメのアプリが「SkipBleach」。何気ない写真を超手軽にかっこよく仕上げてくれる魔法のようなアプリなんです。

たとえば、SkipBleachを使うとこんな風になります。

通常のカメラアプリで撮影

SkipBleachで撮影

いかがでしょうか。SkipBleachを使った方が、何となくドラマチックで印象的な写真に仕上がっていますよね。

これはSkipBleachで撮影したものですが、あらかじめ撮影しておいた写真をアルバムから呼び出して加工することももちろんできます。その場合もやり方は簡単で、アプリを起動して写真を呼び出すだけ! あとは自動的にアプリ側で加工してくれるので楽ちんです。

写真アルバムから呼び出すとすぐに加工してくれる

自分でパラメータ調整も可能

応用編として、自分で加工の度合いを調整することもできます。応用編といっても別に難しくはありません。画面下のアイコンをタップしてスライダーを動かすとコントラストや彩度、明るさを調整できるので、適当にスライドしてみましょう。コントラストスライダーを右に、彩度のスライダーを左に、明るさのスライダーを左に動かすと、写真がグッと印象的になります。逆に動かすと通常の写真に近づいていきます。自分の好みの強さで処理しましょう。

ここからは「SkipBleach」について簡単に解説していきます。

「SkipBleach」での加工は「銀残し」と呼ばれる手法で、フィルムカメラ時代から存在する伝統的な現像技術です。映画っぽいなと感じた方もいると思いますが、その通り、「プライベート・ライアン」「マイノリティ・リポート」「ファイトクラブ」をはじめとする有名な映画でもこの方法が用いられています。

銀残し処理をほどこすと、写真のコントラストが高くなり、逆に彩度が低くなります。この処理が写真を印象的に見せてくれるのです。

当然iPhoneの場合はフィルムではないので、「SkipBleach」はあくまで銀残しをシミュレートするアプリなのですが、アナログとデジタルがこういう形で融合するというのも面白いですよね。

そんな講釈はさておき、ややこしい操作が一切不要で簡単にかっこいい写真が撮れる「SkipBleach」、特にSNSで「いいね!」を狙いたい人にオススメです。

人気記事

一覧

新着記事

ヤフーの新オフィスがWebで公開 - 360度グルグル動かせる
[19:18 9/27] 企業IT
エレコム、手触りの良いソフトレザー製タブレットカバーキーボード
[19:14 9/27] パソコン
GIGABYTE、NVIDIA GeForce GTX 1060のOC仕様グラフィックスカード
[19:10 9/27] パソコン
綾瀬はるか、実家の飼い犬に「噛んじゃダメ!」
[19:00 9/27] エンタメ
ガンプラ「RG」シリーズに『ガンダムビルドファイターズ』が初参戦、第1弾は「ビルドストライク フルパッケージ」
[19:00 9/27] ホビー