【レビュー】

デスクトップ版"Richland"こと「A10-6800K」を試す - 気になる"Trinity"との性能差を探る

1 AMDからも最新プロセッサが登場

  • <<
  • <

1/10

既報の通り、米AMDは6月5日(現地時間)に「Richland」の開発コードネームで知られる新世代APUの、デスクトップ向けモデルを発表した。内部的な構造は前世代Aシリーズ「Trinity」と同様で、CPUコアがBulldozerベースのPiledriverコア、GPUコアがDirectX 11に対応したVILW4世代のコアを採用。ソケットもSocket FM2をそのまま維持する

RichlandはTrinityと比較して、どのくらい性能差があるのか、それぞれの最上位モデルを用いてベンチマークテストを行った。

クロックの向上と最大対応メモリを強化

製造プロセスは32nmで、ダイサイズは246平方mm、トランジスタ数は13.03億個。統合GPUは、新たにRadeon HD 8000シリーズを備える。ただスペック的にはTrinityほとんど変わらず、HD 8000にリブランドしたものと思われる。

Richlandのダイ

発表されたラインナップは、「A10-6800K」「A10-6700」「A8-6600K」「A8-6500」「A6-6400K」の5モデル。型番末尾に"K"がつくモデルは、従来同様に倍率ロックフリーのオーバークロック向けモデルとなる。

従来世代とのパフォーマンス比較

さて、RichlandとTrinityの違いとして、動作クロックと最大対応メモリの2点がまず上げられるだろう。

最上位モデル同士の比較では、Trinity世代の「A10-5800K」がCPUクロック3.8GHz(Turbo Core時4.2GHz)、GPUクロック800MHz。一方、Richlandの最上位モデル「A10-6800K」では、CPUクロック4.1GHz(Turbo Core時4.4GHz)、GPUクロック844MHzとCPUではおよそ10%、GPUでは5.5%クロックを引き上げている。

■スペック比較
モデル A10-6800K A10-5800K
コア数 4 4
定格クロック 4.1GHz 3.8GHz
Turbo Core 4.4GHz 4.2GHz
共有L2 4MB 4MB
最大対応メモリ DDR3-2133 DDR3-1866
GPU Radeon HD 8670D Radeon HD 7660D
GPU SP数 384基
GPUクロック 844MHz 800MHz
TDP 100W 100W

最大対応メモリは、「A10-5800K」がDDR3-1866MHzまでサポートしていたところ、「A10-6800K」ではDDR3-2133MHzまでサポートする。

AMDではRichlandとTrinityのパフォーマンスを比較した資料を公開。これによると、Richlandでは、3DMarkで21%、PCMark 7で8%、TrueCryptで11%のパフォーマンス向上が見られるとしている。

従来世代とのパフォーマンス比較

今回のテスト環境

それでは今回のテスト環境を紹介しよう。ベンチマークはA10-6800KとA10-5800Kで行う。

A10-6800K

A10-5800

パッケージの裏側もほとんど見分けがつかない

CPU-Z 1.64での表示

GPU-Z 0.7.1での表示

マザーボードはチップセットにAMD A85Xを搭載するGIGABYTEの「GA-F2A85X-UP4」を使用した。既存のFM2マザーボードを使う際に、BIOSのアップデートが必要になると一部マザーボードベンダよりアナウンスされている。「GA-F2A85X-UP4」も、2013年3月にGIGABYTEからRichlandに対応したBIOSが提供されている。

またテストに当たり、RichlandではDDR3-2133MHzの高クロックメモリをサポートしているため、メモリクロックを1866MHzと2133MHzに設定して、それぞれベンチマークを行う予定だった。

しかし、1866MHz以上に設定すると、Richland、TrinityともにOSが起動しないというトラブルが起こったため、今回はクロックを1600MHzに設定してテストを行った。このほかの環境は以下の表にまとめた。

■今回のテスト環境
APU A10-6800K A10-6800K
ドライバ Catalyst 13.5 Beta Catalyst 13.2
M/B GA-F2A85X-UP4(AMD A85X
RAM Kingston KHX2133C9A03X2K2 2GB×2枚
Storage Samsung SSD 840 250GB
Power ANTEC TruePower Quattro 1000W 80 PLUS
OS Windows 8 Pro 64bit(Build 9200)

次のページ:ベンチマーク結果「Sandra 2013 SP3a」

  • <<
  • <

1/10

インデックス

目次
(1) AMDからも最新プロセッサが登場
(2) ベンチマーク結果「Sandra 2013 SP3a」
(3) ベンチマーク結果「CINEBench R11.5」「LuxMark 2.0」
(4) ベンチマーク結果「PCMark」
(5) ベンチマーク結果「3DMark Vantage」
(6) ベンチマーク結果「3DMark 11」
(7) ベンチマーク結果「3DMark」
(8) ベンチマーク結果「UNiGiNE Heaven 4.0」「UNiGiNE Valley 1.0」
(9) ゲームタイトルを利用したベンチマークテスト
(10) 消費電力と考察

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事