【レポート】

ついに「Haswell」が発売 - 深夜販売に沸く秋葉原

 

既報の通りIntelは6月2日、同社の最新CPUである第4世代Intel Coreプロセッサ(開発コード名:Haswell)を発売した。これに合わせて秋葉原の店舗で深夜販売が行われた。パーツショップが集中する通称"パーツ通り"は多くの人であふれかえり、最新CPUに対する注目度の高さがうかがえた。

今回深夜販売を行ったのは、「ドスパラ」「BUY MORE」「ZOA」の3店舗。第4世代Intel Coreプロセッサ以外にも、特価品の販売も行われ6月1日の20時から21時にはすでに店頭に人が並び始め、22時を過ぎる頃には第4世代Intel Coreプロセッサや特価品を買い求めるユーザーで埋め尽くされた。

第4世代Intel Coreプロセッサが販売開始する0時よりもずいぶん前から店舗には行列が

各店舗では特価品も用意。この特価品を求めて集まったユーザーも多い。ドスパラでは電源やグラフィックスカードなどをそろえていた

BUY MOREの特価品。1番人気はなんとAMDのA8-5600Kであっという間に整理券がなくなってしまったという。それよりも価格の4770円ってどこかでみたことがあるような……

ZOAでは23時30分から深夜販売を開始すると予告

深夜販売を知らせるホワイトボードにはこんなイラストも

「ドスパラ」ではテクニカルライターの高橋敏也氏によるトークショー「CPU今昔談義」のほか、豪華賞品が当たるという恒例の大じゃんけん大会を開催。

高橋敏也氏によるトークショーとじゃんけん大会

「BUY MORE」では"元PCパーツショップ店員M氏"こと森田氏による第4世代Intel Coreプロセッサの紹介と、PC DIY SHOP FreeTでおなじみのゲリラオークションが行われ、時折大きな歓声が上がるなど盛り上がりを見せた。

BUY MOREでのゲリラオークション。価格を競る際にも「3770円」や「4770円」などどこかで聞いた数字が出てくる

目玉は5月23日に発売したばかりのGeForce GTX 780搭載カード(MSI製)。さすがに最新のハイエンドグラフィックスカードだけあってあっという間に値段が上がっていく。それでも通常価格よりもお得な75,000円で落札された

カウントダウン間際には、インテル代表取締役社長 吉田和正氏も訪れ、盛り上がるパーツ通りの様子を視察した。

インテル代表取締役社長 吉田和正氏

そしてカウントダウンが行われ6月2日0時とともに第4世代Intel Coreプロセッサの販売を開始。ショップの袋を手から下げたユーザーたちは喜びの表情を見せていた。販売開始後も「BUY MORE」では森田氏による製品紹介が行われるなど、パーツ通りの熱気は冷めないようだった。

ショップ関係者の声を聞いてみたところ、やはり最上位モデル「Intel Core i7-4770K」が人気なほか、Ivy Bridgeと同様にTDP65Wの「Intel Core i7-4770S」やTDP45Wの「Intel Core i7-4770T」の注目度も高いという。価格は最上位のがおよそ38,000円前後。在庫はいまのところ、どの店舗も比較的潤沢だとしている。

ドスパラでは恒例のくす玉割りで発売を祝った

ドスパラでの店頭で提示された価格表

こちらはZOAのもの

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事