【レビュー】

APS-Cセンサー搭載で一眼カメラ並みの高画質をポケットサイズで実現! ニコン「COOLPIX A」実写レポート

1 薄型軽量ボディにAPS-Cサイズの大型センサーを搭載

  • <<
  • <

1/3

ニコン「COOLPIX A」は、28mm相当の単焦点レンズを搭載したコンパクトデジカメだ。ポケットに収まる薄型軽量ボディながら、撮像素子にはシリーズ中で最大となるAPS-Cサイズ相当(23.6×15.6mm)の大型センサーを搭載。その画質と機能、使い勝手をレビューしよう。

「COOLPIX A」

関連記事はこちら
ニコン、シリーズで初めてAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載する「COOLPIX A」(2013年3月5日)

近ごろ、「高級コンパクトデジカメ」が愛好家層を中心に人気を集めている。通常のコンパクトデジカメよりもワンランク上のレンズとセンサーを備え、外観や操作性にもこだわったカメラである。中でも画質面で特に有利なのは、APS-Cサイズ以上の大きなイメージセンサーを搭載した高級コンパクトだ。APS-Cサイズ以上なら、一眼レフ機に遜色のない画質、あるいは一眼レフ機に勝る画質を得られる、と考えて良い。

そんな中、一眼レフの分野でキヤノンと双璧をなすニコンからもいよいよ、APS-Cサイズの大型センサーを搭載した高級コンパクトが登場した。COOLPIXの新ライン第一弾となる「COOLPIX A」である。

まずは外観から見てみよう。ボディはやや横に長い長方形のシンプルなデザインを採用する。外装は、天面がマグネシウム合金で、前面や背面にはアルミニウム合金を使用。外装の表面には薄いシボ処理が施され、手触りは心地良い。サイズは手のひらに隠れるくらい小さく、ポケットにもすっぽりと収まる。

天面の電源レバーを回すと、レンズバリアが開いてレンズが約1.2cmせり出し、約1秒で素早く撮影スタンバイの状態になる。両手でも片手でも、構えたときのホールド感は悪くない。

液晶モニターは3型約92万ドットのTFTを搭載

電源に連動して自動開閉するオートレンズバリアを装備

レンズには、35mmフィルム換算で28mm相当の焦点距離を持つ単焦点レンズを搭載する。CMOSセンサーと合わせて本モデルのために専用設計されたレンズであり、光学性能は良好だ。四隅までシャープに解像し、気になる色収差や歪曲はほとんど見られない。マクロモード使用時に最短10cmmで近寄れる接写性能の高さもうれしい。

28mm相当という焦点距離については、メモやスナップ、風景写真などに使いやすい焦点距離といえる。薄型軽量を重視しているため、手ブレ補正機構に非対応なのは少々残念なところ。とはいえ、レンズの開放値がF2.8とまずまず明るく、高感度の性能も優秀なので、手ブレ補正がなくても実用上で困ることはあまりないだろう。

電源はリチウムイオン充電池で、撮影可能枚数は約230コマ

ガイドナンバーは約6のポップアップストロボを内蔵する

次ページ: ニコン製の一眼レフ機に近い操作系を採用
  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 薄型軽量ボディにAPS-Cサイズの大型センサーを搭載
(2) ニコン製の一眼レフ機に近い操作系を採用
(3) コンパクト機ながらISO1600でも十分に使える高感度性能
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事