iOS版「Google Now」でどんなことができるのか試してみた (1) Google Nowとは | マイナビニュース

【レビュー】

iOS版「Google Now」でどんなことができるのか試してみた

1 Google Nowとは

 
  • <<
  • <

1/4

AndroidではおなじみのGoogleのサービス「Google Now」がついにiOS向けに提供された。iOS版「Google Now」でもGPSと連携した地図データの表示やリアルタイム性の高い情報が得られるが、Andorid版と違い、まだまだ機能は限られている。iOS版Google Nowでどんなことができるのかをみていこう。

ついにiOS版「Google Now」が登場

「Google Now」は、iOSアプリ「Google 検索」の機能のひとつとして提供される。このアプリは、GoogleのWeb検索エンジンのアプライアンスであり、「Google Maps」や「Gmail」といったネイティブアプリ/Webアプリを統括することが本来の役割といえる。2012年5月にリリースされたAndroid OS版Google検索アプリと、基本的な機能としくみは同じだ。

ユーザが求めている情報をたずねられる前に教えてくれる「Google Now」がiOSアプリで登場

Google Nowは、Googleアカウントでログインした状態での利用が前提とされる。こうすれば、PCやタブレットでの検索結果や、Google Mapsの表示履歴、Googleカレンダーに登録したスケジュール情報の共有が可能になる。さらに、GPSと連携した地図データの表示や、ニュースやスポーツの試合といったリアルタイム性の高い情報をも表示することで、Google Nowの世界観が構築されているのだ。

ユーザーが欲しがっている情報を提示することも、Google Nowの重要なフィーチャーのひとつといえる。Googleアカウントにログインした状態で使い続けることで、さまざまな情報を収集し、それをもとにユーザの「次の行動」を推測、検索などアクションへ移る前に見せてくれるというわけだ。

バージョンアップを重ねることで対応サービスを増やしていることも、押さえておきたい。たとえば、2012年8月の(Android版)Google検索アプリがアップデートされたとき、映画情報と緊急警報が表示項目として加えられた。同年12月のアップデートでは、徒歩と自転車での移動距離を月に1回表示する「アクティビティの概要」や、最近検索したキーワードに関するカードを表示する「検索トピック」が追加されている。

iOS版アプリはGoogle Nowが実装されたばかりの初期バージョンであり、Android版と比較すると機能面では見劣りする。次項では、実際にiOS版Google Nowを試し、その実装状況を見ることにしよう。

アップデート後はじめて「Google 検索」を起動すると、Google Nowの機能紹介ムービーが表示される

Google Nowのサービスを受けるには、Googleアカウントでログインした状態で利用しなければならない

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) Google Nowとは
(2) 「カード」で情報を確認
(3) Googleアカウント経由でつながる
(4) Google Nowは「発展途上」

人気記事

一覧

新着記事

西田敏行、復帰後初イベントで笑顔「万全です」- 演じたクマへの思いも
[20:35 7/27] エンタメ
海女の娘が「ウニめっちゃおる!」- 日本vs世界で漁業をテーマに"頂上対決"
[20:35 7/27] エンタメ
東京都交通局「都電荒川線スタンプラリー」沿線4区のグッズ当たる! 8/1から
[20:28 7/27] ホビー
iiyama PC、Windows 7 Professional 32bit搭載のビジネス向けミニタワーPC
[20:24 7/27] パソコン
「京急リラックマトレイン」も運行、「リラックマ×京急電車企画」8/1から
[20:20 7/27] ホビー