【レポート】

柴犬店長が癒やしの接客! 話題の"柴犬バー"はカクテルも本格的だった

 

猫カフェならぬ"柴犬バー"

柴犬とバー。あまり隣り合わせに並ぶことのない2つの単語である。"柴犬バー"って何だかちょっと不思議な響きだ。一体どんな場所なのだろうか。人づてに聞いて面白そうだと思い、行ってみることにした。

渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある雑居ビル内にある「Black Sheep」。ビルの入り口付近には、羊のマークの看板が。これが目印

店長(?)のハナちゃん(2歳・メス)

柴犬バーの正式名称は「Black Sheep」。東京・渋谷駅から道玄坂を上り、「ユニクロ」を越えたところで路地に入っていく。店があるのは雑居ビルの2階で、外に看板こそ出ているものの、ビルの雰囲気は正直かなり入りづらい。ドキドキしながら階段を上り、店の扉を開けて中へと入ると……。

わわっ! 足元にバババッと走り寄ってきた動物が! よく見ると……柴犬だった! 本当にいた! いや、そのつもりで取材を申し込んだわけなんだけど、こうして実際に見るとやはり不思議な取り合わせである。柴犬とバー。

いやしかし、本当にかわいい。しばし仕事を忘れてハナちゃん(2歳・メス)とたわむれる。……アレ? 何しにきたんだっけ。そうだ、取材をしにきたのだった。ってなわけで、改めてこの店の紹介をしよう。Black Sheepは渋谷駅から徒歩5分の場所に位置するバー。営業時間は19時から翌1時くらいまでで、日曜が定休日である。柴犬店長のハナちゃんが接客(?)し、マスターがおいしい酒を提供してくれる。

隠れ家的な雰囲気漂う店内。テーブル席も2つある

「いらっしゃい! よくきたね」……と言ってくれている(想像)

たまたま連れてきていたハナちゃんが人気に

そこかしこに置かれた昭和レトロなアイテムはマスターの趣味

そもそもBlack Sheepは、ハナちゃんを売りにして始めた店ではなかったとマスターは言う。最初は何となく、マスターの飼い犬であるハナちゃんを店に連れてきただけだったのだが、行儀のいいハナちゃんと、バーと柴犬という珍しい組み合わせがお客の間で評判になり、"柴犬バー"として口コミで広がっていったのだ。

開店当初は渋谷の隠れ家的バーとしてスタートした同店だったが、今ではネットの口コミなどからわざわざハナちゃんに会いに来るお客が後を絶たないという。実際、取材したこの日も、ハナちゃんに会いに来たという女性グループが来店していた。さて、ここからはしばしハナちゃんの写真で癒やされていただこう。

お客の気配がするとエントランスのほうに行き、出迎えるハナちゃん。来店客の膝の上でまったりしてくれることも

お行儀よく椅子に座るハナちゃん。ワンワン吠えることもなく、本当におとなしい

若い女性客3人に囲まれ、「キャー、かわいいぃー!!」とアイドル並みの人気のハナちゃん

今回リクエストにこたえてつくってもらったストロベリーベースのカクテル。カクテルのメニューはなく、こちらの要望を伝えるとササッとつくってくれる

渋谷で大人が旨い酒を飲める貴重なバー

ハナちゃんのかわいさにすっかり癒やされまくった一同だったのだが、ここでもう少しバーの情報について触れておこう。実は同店にはメニュー表というものが存在しない。マスターに「こんな感じのが欲しい」とリクエストをすると、ササッとカクテルを作ってくれるのだ。なぜそういうやり方なのかと聞くと、「カクテルの名前ってちょっとこそばゆい感じのものが多いじゃないですか。それが自分には恥ずかしくて……」。確かに。注文する側も、なんちゃらオン・ザ・ビーチとか、言いにくいものである。

ということで、早速マスターに一杯お願いしてみることにした。リクエストは「フルーティーで飲みやすいカクテル」。これにマスターが作ってくれたのは、ストロベリーとウォッカで作ったフローズンカクテル。濃厚な果実味がフローズンのシャリシャリ食感で飲みやすくさわやか。それなりに度数はあるのだけど、すごく飲みやすいのだ。

フードメニューはないが、駄菓子の「キャベツ太郎」が食べ放題と太っ腹

柴犬バーとして有名になったBlack Sheepだが、そもそもマスターがこの店を始めた理由は、「渋谷で安くおいしいお酒を飲める店がないから自分で作ろう」というもの。だから同店のカクテルは1杯900円~1,000円。しかもチャージなしなのがうれしい。それでいて渋谷駅から徒歩5分ほどと好立地だし、ハナちゃんもいる。いやー、最高ではないか。ちなみに、同店にはフードメニューは原則ない。駄菓子の「キャベツ太郎」が食べ放題で置いてあるので、それをつまみながら……という感じ。

あと、これは実際に行って感じたことだが、柴犬店長のハナちゃんと遊ぶという目的を持つことで、一人でも店に入りやすくなるのだ。どうしてもバーというと、初心者としては入りにくいとか、一人で行っても時間を持て余してしまうとか、そういうことが多々あるのだけど、この店ならハナちゃんのおかげで一人でも楽しめるし、他のお客やマスターともコミュニケーションが取りやすい。結果的に、Black Sheepはポジションとしては隠れ家的バーでありながら、入るためのハードルは随分低くなっているのだ。

仕事で心が疲れたときは、渋谷でおいしいお酒をリーズナブルに楽しみつつ、柴犬店長のハナちゃんと遊んで癒やされてみてはいかがだろうか。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

yahoo!「ドラえもん」検索で、どこでもドア出現! のび太たちの生活覗き見
[12:07 8/26] ホビー
にぎりこぷしのデタラメ育児哲学 第12回 以心伝心
[12:00 8/26] ライフスタイル
TVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』、10月放送開始! キービジュアル公開
[12:00 8/26] ホビー
"まこみな"って何者!? 「ファン」じゃなくて、なぜ「まこみなーず」なの? - おじさんが18歳の2人を直撃
[12:00 8/26] エンタメ
うーさん 第13回 歯みがけよ!
[12:00 8/26] ライフスタイル