【ハウツー】

iPhoneアクセサリで見る"Made for iPhone"って何ですか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneアクセサリで見る"Made for iPhone"って何ですか?」という質問に答えます。

***

iPhone向けには、多数のアクセサリが販売されています。Appleにかぎらず海外/国内のさまざまなメーカーが生産に乗り出し競争原理が働く結果、製品のバリエーションが増え品質向上にも貢献するなど、消費者の利益につながっています。iPhoneの販売台数を考えると、これは立派な「市場」といえます。

Appleには、この市場を保護/育成しようというプランがあります。それが「MFiライセンスプログラム」で、参加すれば外部企業ではアクセスできない情報を早い段階で入手することが可能になります。新しいiPhoneの発売直後に新機能に対応した周辺機器やサイズがぴったりのケースが発売された場合、そのメーカーは同プログラムに参加している可能性大です。

その反面、プログラムに参加すると、製品発売前にはAppleによる審査が必要になります。審査を通過するためには、Appleが定めた厳しいガイドラインをクリアする必要があるうえ、ライセンスを受けるにあたり一定の支出を伴います。

無事Appleの審査を通過すると、その製品には認定ロゴの使用が許可されます。それが質問にあった「Made for iPhone」のロゴで、iPodには「Made for iPod」、iPadには「Made for iPad」と、製品ごとに異なるデザインが用意されています。このロゴがある製品は、Appleによる厳しい審査を経て正規のライセンスを与えられた、いわば「お墨付き」だといえます。

なお、iPhoneへの対応をうたっているにもかかわらず、「Made for iPhone」ロゴが付いていない製品もあります。価格はおおむね「ロゴ付き」製品より安価ですが、Appleが定める仕様に完全準拠していない可能性があります。安心感を得たいのであれば、ロゴ付き製品を選ぶほうが無難でしょう。

写真で解説

「Made for iPhone」のロゴが付いた製品は、Appleによる審査を経たうえで販売されています。いわば「お墨付き」の安心感がある製品だといえます

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

阿川佐和子『ぶっちゃけ寺』レギュラー加入 - 太田光「相変わらずダメダメ」
[05:00 9/30] エンタメ
[桐谷健太]CMで“再び”熱唱 スーツ姿で拳突き上げ…
[04:00 9/30] エンタメ
[加藤綾子]CMで“すっぴん”を披露 「気持ちよすぎる」
[04:00 9/30] エンタメ
テーマは"選りすぐりの食"! 「世界のビールとワインまつり」を味わいつくせ
[04:00 9/30] 趣味
世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味