【ハウツー】

iPhoneで通話ができなくなったときの原因と対処法 - 修理工房SMARTの見解

SMART

様々なトラブルがつきもののiPhone。今回は一番大事な通話の際のトラブル事例を紹介します。携帯電話として一番大切な「電話」として の機能。使えなくなってしまうと非常に不便ですが、ちょっとした衝撃等で突然症状が出てしまいます。

***

まず、通話の際のトラブルは症状によって大きく2つに分けられます。どちらの場合も確認方法は同じです。

1.こちらの声が相手に聞こえない場合

2.相手の声がこちらに聞こえない場合

どちらの場合も確認方法は同じです。

全く聞こえないのではなく、音がこもっている、小さい場合はメッシュ部分のつまりなどが原因の場合があります。その場合はエタノール等を染み込ませた綿棒や柔らかい布でメッシュ部分を掃除してみて下さい。

iPhoneの底面にあるメッシュ部分がスピーカー

こもっていたり小さいわけではなく、全く聞こえない場合は購入時に付属してきた純正のイヤホンマイクを使用して通話をしてみます。

これでこちらの声が聞こえ、相手の声も聞こえる場合は、イヤホンマイクのイヤホンとマイクであれば問題がないので本体のマイク/イヤスピーカーの不具合と診断できます。

これで通話の時だけの不具合であると確認ができました。

次にボイスメモで音声が録音できる場合は、内部の通話用ICチップの不具合となります。iPhoneの基盤内のICチップもやはり衝撃には弱く、落下の衝撃等で破損してしまうケースが多々見られます。こうなると基板修理、もしくは本体交換が必要となります。

ボイスメモアプリでICチップの不具合か否かをチェックしてみよう

なお、マイクとイヤスピーカー両方同時に症状が出た場合は、ほぼ100%ICチップの不具合となります。マイクとイヤスピーカーが同時に壊れるケースは水没以外だとほぼありえないと思います。

こういったトラブルになった際は、まずはイヤホンで確認してみて、問題ないようであれば、とりあえずはヘッドセット(マイク付イヤホン)でしのぐのも一つの手ですね。

また、通話ができなくなってしまった場合も、LINEやSkype等のウェブ回線を使用する通話はできる場合が多いので、そちらもお試し下さ い。 万が一症状が出た場合は、落ち着いて確認して切り分けてみて下さい。

SMART
2009年12月横浜・関内で運営開始。現在は関内、渋谷、新橋、池袋の4店舗で来店・郵送にてiPhone・Android等スマートフォンの修理サービスを提供。メーカー持ち込みだと消去されてしまうデータもそのまま。最短15分で高品質・スピーディな対応をしている。サービス開始から60,000件を超える実績を残し、TV・新聞・雑誌等でも多数取り上げられている

人気記事

一覧

新着記事