【レビュー】

新センサーと像面位相差AFを搭載した小型の高級コンパクト - 富士フイルム「FUJIFILIM X20」実写レポート

1 ローパスレス構造が生み出す精細な表現力

 
  • <<
  • <

1/4

富士フイルムの高級コンパクト「X」シリーズのニューフェイス「FUJIFILIM X20」が登場した。2011年に発売された「FUJIFILIM X10」の後継機にあたり、レンズや基本デザインを受け継ぎながら、撮像素子やエンジン、AFシステムなどに改良を加えている。その性能はどうなのか。実写レビューをお伝えする。

関連ニュース記事はこちら
富士フイルム、情報表示可能なOVFや高性能CMOS搭載の「FUJIFILM X20(2013年1月8日)
【レポート】CP+2013 - 高級コンパクト機「X100S」「X20」のタッチ&トライに長蛇の列 - 富士フイルム (2013年1月31日)

前モデルからの最大の改良ポイントは、撮像素子に「X-Trans CMOS技術」を採用したこと。撮像素子内にあるカラーフィルターに独自の配列を取り入れることで、モアレや偽色の発生を抑える仕組みだ。これによって一般的なデジカメでは欠かせないローパスフィルターを省略し、レンズが本来備える光学性能をフルに引き出せるようになっている。

「FUJIFILIM X20」

さらに、新開発した画像処理エンジン「EXR Processor II」では、点像復元処理が可能になった。これは絞りを絞りすぎた際に生じる回折現象によるボケや、レンズ周辺部に生じるボケを目立たなくする技術だ。独自のデジタル信号処理によってボケた点像を元通りの点の形に再現できるという。設定はユーザー側で特にする必要はなく、撮影条件に応じて自動的に点像復元処理が適用されるようになっている。ただ注意したいのは、この点像復元処理が適用されるのはJPEGファイルのみで、RAWファイルには効果は反映しないこと。RAWファイルにも適用したい場合には、カメラ内RAW現像を行うといいだろう。

撮像素子のサイズと画素数については前モデルから変わらず、2/3型の有効1200万画素となる。一般的なコンパクトデジカメが採用する1/2.3型に比較して、およそ2倍の面積を持つセンサーだ。

レンズについても変更はなく、35mmフィルム換算で28~112mm相当の焦点距離を持つフジノン光学4倍ズームを継承する。広角から中望遠までの使いやすいズーム域をカバーした上で、開放値がワイド側F2、テレ側F2.8と明るいことが特長だ。鏡胴部のリングを回すことで素早くズーミングができるマニュアルズーム操作も、前モデルから受け継いだメリットといえる。

ボディカラーは、写真の「ブラック」のほかに、ツートーンカラーの「シルバー」が用意される

素早い操作が可能なマニュアルズームを継承。レンズシフト式の手ブレ補正機構も引き続き備える

実写では、これらの撮像素子と画像エンジン、レンズの三位一体によって生み出されるクリアな画質を確認できた。画像サイズは特に大きくはないが、四隅まできっちりと解像し、被写体の質感をリアルに再現できる。高感度については、ISO800くらいまではノイズが目立たないように低減されている。

原寸大画像を見る 原寸大画像を見る 原寸大画像を見る
原寸大画像を見る 原寸大画像を見る 原寸大画像を見る

ISO感度別の作例。上段左からISO100/200/400、中段左からISO800/1600/3200、下段左からISO6400/12800で撮影。絞り優先AE(F8) 露出補正:-0.7 WB:電球

原寸大画像を見る 原寸大画像を見る
次ページ: ハイブリッドAFと新方式の光学ファインダーに注目
  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) ローパスレス構造が生み出す精細な表現力
(2) ハイブリッドAFと新方式の光学ファインダーに注目
(3) 高品位なマグネシウムダイキャストボディを継承
(4) 携帯性と高画質の両方をバランスをよく両立

人気記事

一覧

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー