【レビュー】

現行タブレットで最も完成形に近い端末 - iPad miniを5カ月使って思ったこと

1 他の7インチタブレットより数十グラム軽い

 
  • <<
  • <

1/3

11月2日にiPad miniが発売されて約5カ月が経った。発表当初は賛否両論だったことを記憶しているが、つまりはそれだけインパクトのある端末だったということだろう。新型のiPad miniの登場もささやかれる中、iPad miniを5カ月間使ってみて思うところを記してみたい。

最初に正直に書いておくが、筆者がiPad miniを購入した動機の半分は「仕事だから」というものだった。なぜなら、すでにiPad 2を所有しており、プライベートでのタブレットライフは十分満足していたからだ。

ところが5カ月経った今、iPad 2にはまったく触らなくなり、外に持ち出すのはもっぱらiPad miniばかりとなっている。それがすべてを物語っている気はするが、ではいったいなぜそうなったのか、iPad miniの特長とともに改めて振り返っていこう。

iPad 2(写真左)とiPad mini

軽さは最大の正義

iPad miniの最大の特長は何と言っても軽さ、そして薄さだ。重量は約308グラム(セルラーモデルは312グラム)で、同クラスの他社7インチタブレットに比べてもずば抜けて軽い。iPad 2と比較すると約半分だ。

また厚さも7.2mmと非常に薄く、やはり他のタブレット端末を圧倒しているのだ。誤解を恐れず言うなら、タブレットにおいて軽いことと薄いことは絶対の正義である。厚いよりは薄い方が、重いよりは軽い方が絶対に良い。毎日使用するものだからこそ、持ち出すモチベーションにじわじわと効いてくるのである。

iPad 2に比べて若干薄い

ちなみにiPad miniと他の7インチ端末の差は数十グラム程度である。たかが数十グラムで? と思うかもしれない。しかし、1グラムが1円玉1枚の重さであることを考えると、数十グラムが意外にバカにならない重さだということがわかるだろう。

7.9インチという絶妙な大きさ

筆者のiPad miniの用途は、主に外出先の打ち合わせで使うこと。つまり仕事である。

次ページ:iPad miniが仕事で使える理由

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 他の7インチタブレットより数十グラム軽い
(2) iPad miniが仕事で使える理由
(3) 弱点についても語りたい
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT
トヨタ「C-HR」新型コンパクトSUV、日本仕様の概要を初公開 - 年末に発売へ
[15:42 9/28] ホビー
シスコ、1万円台の無線LAN APなど、「Cisco Start」のラインナップを拡充
[15:40 9/28] 企業IT