【ハウツー】

バウムクーヘン、フライパンを使えば簡単につくれる!

 

ドイツ生まれのお菓子、バウムクーヘン。年輪のような切り口が特徴的で、最近ではしっとりとした食感のタイプや、柚子や抹茶など様々なフレーバーの商品も登場し、人気を集めている。そんなバウムクーヘン、実は手づくりできるのをご存じだろうか。しかもオーブン不要、フライパンでOKなのだ。

フライパンでつくるバウムクーヘン

材料(直径20cmのフライパンで1本分)

ホットケーキミックス150g / マーガリン 80g / グラニュー糖 大さじ3 / 卵 2個 / 牛乳 150cc / サラダ油 適量
A(粉砂糖 大さじ4 / 水 小さじ1)
芯にする割り箸 1膳(約15㎝にカットしておく)

つくり方

1.ボウルに溶かしたマーガリンとグラニュー糖を入れて混ぜ、卵と牛乳、ホットケーキミックスも入れて更によく混ぜる。

2.フライパンを中火で熱し、サラダ油をしみ込ませたクッキングペーパーで全体に薄く油を引く。1の生地をおたま約2/3杯程度流し入れて広げ、弱火~中火で焼く。

3.全体にふつふつと気泡が出てきたら、手前に芯代わりの割り箸を置いて転がしながら巻きつけ、いったん取り出す。

4.2~3を繰り返して焼く。冷めたら芯の割り箸を抜いておく。

5.Aを混ぜてアイシングを作り、4に塗って乾かした後好みの厚さに切り分けて完成。

玉子焼きをつくる要領で、くるくると生地を巻いていく。生地裏面に焼き色を付けることで、年輪模様ができあがるが、生地の表面は乾ききる前に巻くこと。こうすることでできあがりの美しさが変わってくる

「手順4で繰り返し巻く時に注意する点は、生地が完全に焼けきる寸前に巻くこと。巻いた後は、フライパンの上でコロコロと転がして形を整えておくと仕上がりがきれいになります。また、巻き終わりを下にしてから次の生地を流し込んで焼いていくのもコツです」(みやちゃん)。


レシピ考案者プロフィール

みやちゃん
フィットネスジムでスタッフをしながら、料理人としても働いています。これらの経験をいかして、簡単でおいしいレシピをブログ「四万十住人の簡単料理ブログ! 」で紹介しています。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

京急電鉄11/19ダイヤ改正 - 品川駅での着席機会向上、下りウィング号も変更
[22:23 9/26] ホビー
ヒロミ、中居の"女性との風呂経験ゼロ"発言に「だからお前未熟なんだ」
[22:22 9/26] エンタメ
Apple、開催中の「Apple Music Festival 10」のハイライトシーンを公開
[21:59 9/26] パソコン
[ワンパンマン]テレビアニメ第2期が制作決定
[21:59 9/26] ホビー
[ジョジョの奇妙な冒険]吉良吉影のドクロ柄ネクタイが商品化 靴下や財布も
[21:56 9/26] ホビー