【レポート】

iPhone 5の修理依頼、ガラス割れのほかに多いのは? - 修理工房SMARTに聞く

1 iPhone 5の修理依頼、ガラス割れのほかに多いのは? - 修理工房SMARTに聞く

 
  • <<
  • <

1/3

iPhone 5の修理依頼には、どういったものが多いのだろうか。ユーザーは、何に気をつけてiPhone 5を扱うべきだろうか。マイナビニュース編集部ではiPhone/iPadなどの修理を手がける修理工房SMARTにて、同店の藤澤純一氏にそのあたりを伺ってみた。本稿で紹介しよう。

工具を使い、いとも簡単にiPhone 5を分解していく藤澤氏

怖いのは、落下の衝撃!

藤澤氏によれば、修理依頼で最も多いものは「ガラス割れ」だという。その件数は1日に1~2件というから、相当なものだ。毎日どこかで誰かがiPhone 5のディスプレイを割っている、と言っても過言ではないだろう。

ちなみに、同店ではディスプレイ割れの修理費用を24,800円に設定している。ローカルコンテンツのデータは消去する必要がなく、修理後も元の環境のまま利用を継続できる。大切なデータを失いたくない、各種カスタマイズを初めからやり直すのが面倒といった理由から、同店を利用するユーザーが多いようだ。

ホームボタンの裏側は、このようになっている

電源ボタンが潰れてしまうというケースも多いという。使いすぎて、自然に潰れてしまうということだろうか。「いえ、落としたときにボタンを潰してしまう人が多いようです。通常の使い方をしていて電源ボタンが効かなくなった、という人はまだいないと思います」と藤澤氏。

そのほか、端末を落下させた際の衝撃でディスプレイ部分が浮いてしまって、ホームボタンが効かなくなったという依頼者もいたとのこと。「ケースをばらして中を見てみたら、(ホームボタンの操作をつかさどる)ピンが端子に届かなくなっていました」。

写真のようにディスプレイがわずかに浮き、ホームボタンが効かなくなった故障例があるという

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) iPhone 5の修理依頼、ガラス割れのほかに多いのは? - 修理工房SMARTに聞く
(2) ジャックピアスが抜けないときはどうする?
(3) iPhoneユーザーが普段から気をつけたいこと

人気記事

一覧

新着記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ
[09:00 9/27] テクノロジー
「実は損している」節約行動4選
[09:00 9/27] マネー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第12回 最新版がリリース、LibreOfficeをアップデートしよう
[09:00 9/27] 企業IT
【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
[09:00 9/27] テクノロジー
フジ新人永尾亜子アナ『みんなのニュース』で初レギュラー「一歩一歩」
[08:31 9/27] エンタメ