【ハウツー】

意外に知らないAndroid - プリインストールアプリ「トーク」を使ってみよう

スマートフォンにして便利になったことは? と聞くと、「LINEで連絡とれるようになった」「Skypeが使える」といったアプリのメッセンジャーをあげる人が多いのではないだろうか。だが、Androidスマートフォンには、メッセンジャーアプリがインストールされている。それが「トーク」と呼ばれる、メッセンジャーサービス「Googleトーク」を使うアプリだ。

トークはAndroid端末のデフォルトで使えるメッセンジャーアプリだ

古くからパソコンを使っている方はご存知だろうが、GoogleトークはGoogleが提供するメッセンジャーサービスである。Yahoo!メッセンジャーやSkypeと同じく、LINEやカカオトークが登場する以前からPC向けにスタートしたサービスだ。Androidスマートフォンのトークはこのサービスをスマートフォンで利用できるようにしたものなのだ。

相手のGmailアドレスを入力して招待状を送り、承認されればチャット開始だ

トークは、簡単にAndroidスマートフォン/タブレットで利用することができる。トークアプリを起動して、相手のGmailアドレスを「チャットへの招待状の送信先」に入力。相手があなたの招待状の申請を許可すればメッセンジャー機能が利用できるようになる。

Gmailのアドレスが、LINEやSkypeでいうところのIDと言えばわかりやすいだろう。Androidスマートフォン/タブレットでは、Googleアカウントとして最初の段階でGmailアドレスを所得(または新規作成)しているので、これをお互いがチャットIDとして利用するというわけだ。

一度チャットの招待状を送って許可された相手は、そのままトークのユーザー覧に登録されているので、次回からは招待状を送る必要はない。

iPhoneではIM+等のGoogleトーク互換アプリで利用できる

なおGoogleトークは、Androidスマートフォン/タブレットでのみ利用できると思われがちだが、iPhoneやBlackberryなど他のOSを搭載した端末でも利用できる。これらの他OSのスマートフォン/タブレットでGoogleトークを使うためには「IM+」などの互換アプリをインストールする必要がある。Googleアカウントを先に作り、互換アプリを使って利用するという手順だ。

Googleトークは、文字によるチャットのほか、LINEやSkypeと同じように音声やビデオでのやりとりも可能だ。ただし、AndroidのOSのバージョンによってはビデオチャットなどができない場合もあるので、事前に自分の所有する端末のOSのバージョン、機能の有無を確認しておいて欲しい。

着信は通常設定ではプッシュ通知なので、上手に使えばキャリアメール並みの迅速で手軽な連絡手段としても利用できるだろう。

また、利用開始時にキャリアの電話番号を必要とするLINEやカカオトークとは異なり、SMSや音声通話で認証を得る必要もないので、無線LAN環境でタブレットを使っているユーザーも利用する事ができる。

このように便利なトークアプリだが、その機能については、意外に知られていない。せっかく最初から備わっているアプリなので、まだ使っていないという人は、活用してみてはいかがだろうか。

人気記事

一覧

新着記事