【レポート】

iPadの充電失敗例からスマホの充電とモバイルバッテリについて考える(後編)

1 外部バッテリってどうしたらいいのよ?

 
  • <<
  • <

1/3

さて、前編に続き、iPadを含めたタブレットデバイス、そしてスマホの運用を考えるなら、忘れてはならないのが「モバイルバッテリ(モバイルブースター)」と呼ばれる製品。いわゆる"外部バッテリ"だ。

今では家電量販店だけでなく、コンビニなどでも手軽に購入できるため、出先でバッテリ残量が心許ない状況になったとしても、ある程度安心できる。そんな「モバイルバッテリ(モバイルブースター)」についても考えてみたい。

フィーチャーフォン全盛の時代もモバイルバッテリはあったが、各キャリア(端末の年式)で充電端子が異なったため、汎用性は乏しかった。しかし、スマホ時代になり、充電端子がある程度共通化(microUSBがほとんど、USBポートがあれば付属のケーブルで対応できる点も○)されると、それこそ数多くのメーカーから、対応製品が発売された。

そして、数多く製品が登場したからこそ、自分に合った製品を探す必要性がでてきたのである。

スマホ向けモバイルバッテリの歴史早わかり

スマホ向けモバイルバッテリの歴史を振り返ってみると、出始め(国産メーカー品)は2009年ぐらいだろうか。当時の製品はUSBからの出力に対応し「5V/500mA」だった。つまりそれは、アップルの説明でいうところの高電力型USBポートと同等である。 それが、「5V/750mA」、「5V/1A」、「5V/1.5A」、「5V/2A」と出力があがってきた。「5V/2A」となれば、それはiPadに付属するUSB電源アダプタと同等レベル。給電しながら利用しても問題はないだろう。

所有するモバイルバッテリが、どのぐらいの出力レベルを有しているかによって、充電時にスリープモードにする必要がある……つまり、バッテリ残量が少なくなり、危険領域に入る前に予め充電する必要があるか、それとも、ぎりぎりまで利用できるかという2つのケースが想定されるわけだ。

また、モバイルバッテリには、蓄電された容量がある。例えば「大容量4000mAh」などとうたっている製品なら、端末側のバッテリ容量を「2000mAh」とすると、数値上2回満充電できるということになる。

結果として、当たり前のことだが、所有端末がどのくらいのバッテリ容量があり(スペック表などで確認)、給電用のアダプタにどれくらいの出力が求められているか(アダプタなどに印字されているのをチェック)を調べなければ、最適なモバイルバッテリは選べないのだ。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 外部バッテリってどうしたらいいのよ?
(2) 電源アダプタとモバイルバッテリの出力とは
(3) 結論と蛇足
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー