【レポート】

進化の歴史が一目瞭然! 歴代iPhoneを分解して並べた

1 美しいとさえ感じられるiPhoneの中身

 
  • <<
  • <

1/2

歴代iPhoneの中身を見比べたとき、進化の歴史は感じ取れるだろうか。編集部ではiPhone/iPadなどの修理を手がける修理工房SMARTにて、iPhoneシリーズを解体する様子を取材した。同店の藤澤純一氏にご協力いただいた。

iPhoneがたどった進化の歴史は、中の部品にも影響を及ぼしているのだろうか?

iPhone 3G/ 3GSが発売されたのは2008年と2009年のこと。ともに背面には、丸みを帯びたラウンドフォルムを採用していた。ディスプレイは3.5インチ(480×320ドット)、サイズは115.5(H)×62.1(W)×12.3(D)mm、重さはiPhone 3Gが133g、iPhone 3GSが135gだった。

iPhone 3G(端末左)と、iPhone 3GS(端末右)の比較。いま振り返ってみれば、愛嬌のあるデザインだった

iPhone 3G/3GSの中身を見比べても、素人目にはほとんど変わっていないように思える。藤澤氏は、スピーカーの裏に配置された3G回線用アンテナに注目。「iPhone 3Gではピンが基板にくっついている造りだったのに対し、iPhone 3GSではコネクタ化されています」と説明してくれた。アンテナと言えば、電波の入りをつかさどる重要な部品。機能改善が図られたと見るのが自然だろう。

iPhone 4/4Sが発売されたのは2010年と2011年のこと。iPhone 3G/3GSのデザインは一新され、厚さに関しては3mmも薄くなった。ディスプレイは3.5インチ(960×640ドット)、サイズは115.2(H)×58.6(W)×9.3(D)mm、重さはiPhone 4が137g、iPhone 4Sが140gだった。

iPhone 4(端末左)と、iPhone 4S(端末右)の比較。大きく開いているスペースには、バッテリーパックが入る

iPhone 3G/3GSでは、背面側に基板を接着する構造だったのに対し、iPhone 4/4Sでは、前面のディスプレイ側に基板を接着する構造に変わっている。カメラやスピーカーの大きさ、配置などはほとんど変わっていない。筆者は今回iPhone 4/4Sの内部を初めて見たが、とても美しいと感じた。フルモデルチェンジし洗練の度合いを増したiPhone 4/ 4Sだが、それは外観のデザインだけにとどまらなかったわけだ。写真からも、それがお分かりいただけることと思う。

LEDフラッシュを標準装備するなど、機能改善の跡も確認できた(写真左)

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 美しいとさえ感じられるiPhoneの中身
(2) 歴代iPhoneを比べてみる

人気記事

一覧

新着記事

ADI、中間周波数レシーバ/トランスミッタの新製品を発表
[19:31 9/26] テクノロジー
シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」
[19:09 9/26] エンタメ
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー