【レポート】

香港ケンタッキーの朝食、やっぱりなんでもチキンがのっているわけで……

香港の朝食といえばお粥だ。どこかおいしいお粥の店がないか、ブラブラ街を歩いていると、ケンタッキーフライドチキンのスタッフがクーポン券付きチラシを配っていた。何気なくもらったのだが、そのチラシを見てびっくり! なんとまぁ斬新な朝食メニューがあるではないか。予定を変更し、早速ケンタッキーに向かった。

店頭で配られていたケンタッキーのチラシ。香港のケンタッキーは、朝メニューも充実している

このメニューにチキン、のっけちゃいますか!?

その驚きのメニューは、 「Tomato Shell Pasta with Flava Roast Chicken combo」(ドリンク付き25.6香港ドル・約300円)。シェルパスタがちりばめられたトマトスープに、どでかいチキンがのせられているものだ。「何でもチキンをのせればいいってもんじゃ……」とも思いながらも、見た目ほど辛くないマイルドなスープにチキンの旨みが溶け込み、なかなかのお味。朝からかなりのボリュームだが、腹持ちしそうなお得感あるメニューではある。これ以外にも、結構イケたのが「Flava Roast Chicken Wrap」(ドリンク付き20.2香港ドル・約236円)。クレープのような皮でチキンやトマト、卵を包んだラップサンド。3つの具材を見てみると、どれもサンドイッチの具材と考えれば定番の食材で、合わないわけはない。片手で食べられるメニューなので、パクつきながらガイドブックを見てその日の観光計画を練るのもいいだろう。

チキンがどーんとのっており、ボリューム満点の 「Tomato Shell Pasta with Flava Roast Chicken combo」(ドリンク付き25.6香港ドル・約300円)

卵やトマト、そしてお約束のチキンを具材に使った「Flava Roast Chicken Wrap」(ドリンク付き20.2香港ドル・約236円)

香港滞在中、定番の朝食であるお粥を食べるのももちろんオススメだが、「今日はがっつり観光するぞ! 」という日の朝食は、こんなボリューム満点のメニューもいいだろう。日本に帰って「こんな変わったケンタッキーのメニューがあったよ」なんていう土産話も1つできる。

価格やメニュー名は2012年12月取材時点の情報です

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事