【ハウツー】

iPhoneで撮った写真から自宅がバレる、ってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneで撮った写真から自宅がバレる、ってホント?」という質問に答えます。

***

本当です。iPhoneで撮影した写真を気安く他人に渡したり、ブログや写真共有サイトで公開したりすると、その写真から自宅や職場の位置だけでなく、その場所にいた日時まで、正確な情報を割り出されてしまう可能性があります。

その理由は、iPhoneの「位置情報機能」にあります。iPhoneには、人工衛星から受信した信号をもとに正確な緯度/経度と現在時刻を割り出す「GPSチップ」が内蔵されており、それらのデータは写真に「EXIF(イグジフ)データ」として埋め込まれます。データはJPEGファイルの一部になりますから、意識して取り除かないかぎり、パソコンに取り込んでもフォトストリームに転送されてもそのまま残ります。

写真の位置情報は、パソコンのソフトはもちろん、iPhoneなどスマートフォンのアプリでもかんたんに参照することができます。たとえば、自宅で撮影した写真をメールに添付して知人に送ったとしましょう。その知人が、写真に位置情報が埋め込まれていることを知っていたとしたら、写真の緯度/経度をもとにあなたの自宅の住所を調べることができるのです。もし、これがブログなど不特定多数がアクセスできる方法での公開だったら……プライバシー上の大問題になりかねません。

iPhoneでできる対策は2つ、「位置情報機能を無効にしてから撮影する」か「撮影後に位置情報を取り除く」かのどちらかです。後者にはそのような機能を持ったアプリが必要になりますが、前者であれば撮影前に設定を変更するだけです。少々手間はかかりますが、自宅も職場も秘密の場所も知られたくない、という場合には必須の作業といえるでしょう。

写真で解説

カメラロールに保存されている位置情報付きの写真は、アプリ『写真』の「撮影地」タブで地図上に撮影地点を表示できます

写真に埋め込まれた位置情報(EXIFデータ)は、画像サイズを縮小したりメールに添付したりしても削除されないので、他のパソコンやスマートフォンでも参照できます

撮影する写真に位置情報を埋め込みたくない場合には、「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」を表示し、「カメラ」のスイッチをオフにします

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電
[鈴木保奈美]10年後も「元気で身軽な人でいたい」
[22:40 8/27] エンタメ