【レポート】

香港のマクドナルドで豚骨風スープにパスタ&パティをぶち込む荒業商品発見!

老若男女問わず、香港でも人気のマクドナルド

海外旅行に出掛けたらチェックしたいのがマクドナルド。日本にはないメニューを展開していることが多く、それらを味わうのが楽しい。今回は、香港のマクドナルドで出あったメニューを紹介しよう。

まず、日本のレギュラーメニューにないものと言えば、レタスとトマトをのせた「BIG N’TASTY」、横長バンズにピリ辛チキンを挟み込んだ「GCB」、スパイシーなチキンを入れた「McSpicy Chicken Filet」。ただ、どれも香港らしいメニューとは言えず、日本でも期間限定メニューで似たようなものがあったような……といった印象でちょっとがっかり。

外はカリカリ、中は柔らかなチキンバーガー「McSpicy Chicken Filet」

あとから舌にピリっとくるチキンバーガー「GCB」

朝からずっしりくる珍メニュー

お宝メニューに期待して、翌朝再度マクドナルドをのぞいてみると、期待していたすごいメニューがあるではないか! その名も「ソーセージエッグ・ツイストパスタ」(セット26.5香港ドル 約310円、単品19.6香港ドル 約230円)。一瞬ラーメンかと思ったが、トンコツ風味のスープに浮かんでいるのはツイストパスタ。そこにたっぷりとタマネギやトマト、ニンジン、グーリンピース、コーンが散らしてあり、さらにその上には日本のマクドナルドの朝メニューにもあるソーセージパティと卵を放り込むという荒業!

もちろん朝メニューには、日本にもあるホットケーキやソーセージマックマフィン、エッグマックマフィンなど「定番」のものもあるが、このソーセージエッグツイストパスタはすごい! 朝からかなりボリューミーだが、ネタとしてぜひ食べてみてはいかがだろうか。

驚きの朝メニュー「ソーセージエッグ・ツイストパスタ」

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事