【レポート】

夫&彼氏のキャバクラ通いをやめさせる方法、元キャバ嬢が教えます!

西田ひより

パートナーのキャバクラ通いに悩む女性は多い

「どうせお酒を飲むなら、女性と飲みたい」と、キャバクラに通う男性は後を絶ちません。浮気ではないし、特に問題はないだろうと男性は考えているのでしょう。しかし、インターネット等の掲示板をのぞいてみると、夫や彼氏のキャバクラ通いを容認できない妻や彼女の愚痴で溢れています。マイナビニュースの既婚女性会員に行ったアンケートでも、「夫がキャバクラに通っていたとしたら許せますか?」という質問に、「許せない」と答えた女性はは57.9%でした。その理由として、「生理的に受け付けない」「気持ち悪い」「無駄遣い」といった回答が目立ちました。

しかし、「キャバクラ通いをやめて欲しい」と男性に伝えても、隠れてコソコソと通っていたりするものです。一体どのようにしたらパートナーのキャバクラ通いを自然とやめさせることができるのでしょうか。元キャバクラ嬢でライターの西田ひよりに、その方法を教えていただきます。元キャバ嬢ならではの見解、必見です。

相手の行動を否定しない

キャバクラ通いを容認できない女性の多くが、キャバクラ通いをする男性に対して前述のように「不潔」「女好きでだらしない」などとネガティブな感情を抱いています。だからこそ、パートナーに「きちんとしてほしい」と要求してしまうのでしょう。

嫉妬程度ならかわいいのですが、自分自身で作りあげてしまった勝手なイメージを相手に押し付けるのは失礼です。自分のパートナーをもっと信用してあげましょう。また、男性は「ダメ」と言われれば言われるほど約束を破りたくなってしまうところがあります。気に入らなくても否定はしないこと。緩め過ぎず、締め過ぎず、がポイントです。

キャバクラの様子をあっけらかんと聞いてみる

「妻や彼女には内緒で通うからこそ、刺激があって面白い」と言う男性は多いです。だからこそ、黙っていないで「いつも行くお店の女の子ってどんな格好なの? 」などと教えてもらうようにするのです。なんでも話せるようになれば、パートナー間の信頼も生まれますし、"隠し事がない=刺激がない"状態になれば自然と足が遠のきます。

妻から「どこも不景気だし、たまには飲みに行ってあげればいいよ」などと言われた夫が「仲間の妻たちは目くじらを立てて怒っているのに、うちの妻はなんて理解がある女だ」と気が付き、関係ない女性にお金を使うより、妻を食事や旅行に連れて行ってあげよう、とあっさりキャバクラ通いを止めた男性もいます。

たまには"おもてなし"をしてあげる

「一人で飲むなら話し相手をしてくれるところへ行きたい、せっかくなら話し相手は女性がいい……」

これが、キャバクラ通いを始める男性の最初の動機です。キャバクラ嬢は、その日のお客さまの気分によって一緒にはしゃいだり、親身に話を聞いてくれます。お金をいただいて、お客さまの気分を満足させるのが仕事だからです。

キャバクラ通いをやめられない男性の多くは、家に帰ってもそういったくつろげるような時間や居場所がありません。パートナーのキャバクラ通いを止めさせたいと思うなら、たまには男性をねぎらい、"おもてなし"をしてあげるような気持ちで接してあげてはいかがでしょうか。お金で買うくつろぎの時間よりも、あなたの愛情に包まれた時間の方が勝ると思いませんか。

大事な言葉を飲み込まない

「キャバクラに行かないで」と言いたい気持ちを我慢していませんか。我慢する必要はありません。嫌な事はきちんと伝えましょう。ただし、ケンカ口調ではなく「嫉妬しちゃう」とか「なんだか不安」と女性らしさを忘れないようにしてください。

キャバクラ嬢は伝え上手で、表現力が豊かです。嫉妬心を表現するのに、無視や冷たい態度は厳禁です。相手には、どうしてそんな仕打ちを受けているのか伝わりませんし、関係悪化の原因になります。また、「ありがとう」とか「お疲れさま」「うれしい」などの言葉も飲み込まずに素直な気持ちを伝えましょう。

いかがでしたか。相手を無理やり変えようとするには限界があります。まずは自分から変えていきましょう。これらの事に気をつけて過ごしていれば、即効性はなくとも次第にキャバクラから足が遠のくはずですよ。

著者プロフィール

西田ひより
1986年生まれ。愛知県出身。OL兼フリーライター。元キャバクラ嬢、ホステスの経験をいかした記事でライターデビューを果たす。恋愛jp等でも執筆中。ブログも更新中。

人気記事

一覧

2017年10月17日の運勢

イチオシ記事

新着記事