【レポート】

ET2012 - 暮らしをもっと豊かに。Intelが考えるIntelligent Systemの姿

2012年11月14日から16日にかけて、パシフィコ横浜で「Embedded Technology 2012(ET2012)」が開催された。ここ数年、ETでは必ずIntelによる招待講演が行われており、今年も11月14日にIntelのJim Robinson氏(Photo01)による「インテリジェント・システムへの転換 ~クラウド時代における新しい組込み機器像とビジネス機会~」と題した講演が行われた。そこでこの講演の内容と、これの後に行われたラウンドテーブルの内容をまとめてレポートしたい。

Photo01:Jim Robinson氏(General Manager, Segment & Broad Markett Division, Intelligent Systems Group)

まず氏は、様々な業界・様々な国で現在大きな変革が起こっており(Photo02)、これは組み込み業界にも大きな影響を与えているとした上で(Photo03)、具体的な説明に入った。

Photo02:M2Mをはじめ、様々な機械がすべて接続するようになる事で、これまでと色々な事柄が変わってくるとする

Photo03:「この結果としてどう変わって行くかを、PowerPointではなく実際に見える形説明する」としたが、やっぱりPowerPointのスライドは続くのであった

まずデータ量の爆発がある。Connected Deviceとそのデータ量のトータルもさることながら(Photo04)、単に繋がるだけではなくIntelligence性を備えたデバイスが増え(Photo05)、Embedded向けにもこうしたデバイスが増えてくる(Photo06)とした。ついでに言えば、IDCその他の推定で、このマーケットでは現在6億ドルのマーケット規模だが、今後4年でこれが13億ドルまで広がるという数字もあり、これは大きなビジネスになるとしている。

Photo04:この数字は最近ちょっとおなじみというか、食傷気味な感もある。数字そのものは昨年のものと同じ。というか、写真も同じ

Photo05:これについては後で氏に"例えば8bitとか16bitのMCUも、6LowPanとかTCPのスタックとかを搭載してInternetに繋がるが、どこまで含むのか?」と尋ねたところ、あくまでも32bit以上で高レベルのOSが動くものということで、MCUというよりはMPUのみが対象のようだ

Photo06:したがってこちらも、32bit MCU(Cortex-Mシリーズなど)ではなく、MPUベースの組み込み向けシステムということになる

こうしたEmbedded向けIntelligent Systemに向けて今年9月のIDFでIntelが提供をしたのがIntel Intelligent System Framework 1.0である(Photo07)。ちょっと講演レポートから離れるが、Intel Intelligent System Frameworkを使うと何が便利か? というのがこちら(Photo08)。要するに様々なIoT(Internet of Things)デバイスを容易に作りこむと共に、それぞれのデバイスや、あるいはデバイスとクラウドが簡単に相互通信できるようなフレームワークを用意しよう、ということだが逆に見ればこうしたデバイスをIAアーキテクチャに囲い込むための仕組みといえなくも無い。

Photo07:Intel Intelligent System Framework 1.0は、簡単に言えばIoT(Internet of Things)を構築するためのプラットフォームというべきだろうか

Photo08:こちらの写真はIntel Embedded Communityのblog記事から拝借した。趣旨はまぁ判るのだが、これだけ多彩な機器をまとめて作る会社はそう無い気がするのは気のせいだろうか?

まぁそうした思惑はともかく、Intelはエコパートナーと共同で、この方向への加速を進めるとしており(Photo09)、このための第一歩がIntel Intelligent System Frameworkという位置づけである(Photo10)。

Photo09:こことは別の講演でもあった話だが、データ量の爆発に伴い、すべてのデータをクラウドに送りつけるのはネットワーク帯域/データ格納/データ解析のすべての面で無理が出てくるようになるため、今後はEdge部分でのデータ分析と抽出に力点が置かれるようになってくるという話である

Photo10:IoTのEdgeにある程度の処理をさせるためには、ネットワーク接続性は当然の事、セキュリティとか管理性を十分に保つ必要があるという話

従来型のEmbedded Systemは単一機能を持ったスタンドアロン動作のものだったが、それがこれからはもっと変わってくるとしており、まずその一例として自動販売機を取り上げた(Photo11)。

Photo11:「昨日日本に到着してからこの24時間で、空港からホテルまで至る所で、沢山の種類の、今まで見たことの無いような自動販売機を見かけた」とRobinson氏

日本には約500万台の自動販売機があり、例えば最近のものの中には地震があると無料で中の製品を提供するといった、驚くべき機能を持ったものもあると説明。だから、もはやこうした自動販売機がIntelligenceであることは珍しくないだろうと紹介した(Photo12,13)。こうしたものの1つとしてIntelが開発した「インタラクティブ試供マシン」が紹介された(Photo14~15)。この試供マシンは、単にゲームを行うだけではなく、同時に顔認識などを利用して、プレイしたユーザーの特徴データなどを同時に分析し、あとで解析するといった機能も持っている(Photo16)事が紹介された。

Photo12:こちらは一般的な話。Social Mediaとの統合は、秋のIDFにおける基調講演でもデモが行われた。このあたりは部分的に実装している製品もあるが、殆どはまだプロトタイプというか提案中のアイディアといったところ

Photo13:こちらは現実に存在し、中には営業しているものもある。左からペプシのGift Giving Functionを持ったもの、コカコーラのInteractive Hapiness Machine、昨年のETでもデモがあった岡谷エレクトロニクスの透過型液晶搭載、そしてJR東日本が現在運用中のものである

Photo14:筐体の3方向に液晶が設けられ、最大で同時に3人まで利用できる。ここでゲームが行われ、ハイスコアを取ると試供品がプレゼントされるという仕組み

Photo15:2人でプレイ中の図。液晶の上にはKinect for Windowsが仕込まれており、これを使ってジェスチャーゲームが行われている

Photo16:流石にユーザー情報そのもの(例えば顔写真)は保持しないが、画像認識で性別などを分析して統計を取るのは可能という話で、このあたりをEdgeにあたる自動販売機の内部で出来る、という点を強調したかったようだ

次は自動車向けの話。Intelligent Systemが急速に伸びつつある分野の1つは車載向けだとした。例えば世界では毎週あたり平均18時間を運転に費やしている(言うまでも無く車での通勤時間である。なので米国ではもうちょい長く、逆に日本などではもっと短い)という数字があり、ここでコネクティビティを高めるというニーズはこれからもっと出てくると説明した。Intelは過去7年の間に膨大な投資をこの分野に行っており、こうした一環として、今年2月にAutomotive Innovation & Product Development Centerをドイツに開設したことに触れた(Photo17)。このAutomotive Innovation & Product Development Centerでは様々なメーカーと共同開発を行うことを目的としており、この中にはトヨタや日産なども含まれるという。

Photo17:拠点は独Karlsruheに設置される。当然ながら目的はドイツの自動車関連メーカーとの協業に便利な場所ということである。「日本での開設は?」と一応突っ込んでみたが、今のところはまだ予定はないそうだ

これに続き、ゼンリンとの協業を発表した(Photo18)。これはHTML5をベースにすることでPCからTabletや携帯、車載インフォテイメント向けなど多様な環境で地図情報を利用できるようなアプリケーションの開発に向けての取り組みを行うという話であった。

Photo18:ゼンリンが試作した、HTML5ベースのナビゲーションシステムの動作デモ。ただ会場ではWi-Fiの接続状態がよくないということで、PC上での動作となった。このデモシステムは、ニューフォリアが担当しているものだが、これはあくまでもコンセプトモデルとの事

最後の話は産業向けである。いわゆるSmart GridなどにおけるIT活用のニーズは広く知られているが、同様にConnected Factoryといった要素が今後求められてくるとしている(Photo19)。こうしたニーズに対応したソリューションをIntelは用意しているとしており(Photo20)、これの具体例として装置の故障管理システムの実演デモを行った(Photo22,23)。

Photo19:Intel自身、世界最大規模の半導体製造メーカーであり、自社の製造ラインの管理も当然こうした形で高い自動化とIntelligent化を進めた結果として現在も高い競争力を維持している、というのはまぁ説得力のある説明ではある

Photo20:残念ながら、Intel Intelligent System Frameworkほどにまとまってソリューションが提供されているという訳ではないようだ

Photo21、22:左側のロボットアームは、右の6×6の升状の棚に製品を送り込む、という模擬動作を行うもので、この動作を監視するシステムがこれとは別に動いているという想定

Photo23:左下が監視システムのモニター画面。ここではロボットアームが右上の棚に製品を送り込むときの位置ずれが次第に大きくなってゆくのを検知し、障害になる前に警告を出すというデモが行われた

最後に、「こうしたIntelligent Systemはビジネスを、それも単に売り上げだけでなく、地球上の人々の暮らしをもっと豊かに出来るという可能性があり、これをIntelは支援してゆきたい」と締めくくって氏の講演は終わった。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事