【レビュー】

シャープの技術が詰まったスマホ「AQUOS Phone Serie SHL21」を試す

1 外観とスペックをチェック

 
  • <<
  • <

1/3

KDDI(au)が11月上旬に投入した「AQUOS Phone Serie(セリエ)SHL21」は、シャープのAQUOS Phoneシリーズ最新機種だ。オリジナルUIの「Feel UX」や新搭載の「クイックツールボックスEX」など、使い勝手がよく考えられたオリジナル機能を満載する。スペック面では1.5GHzのデュアルコアCPUを採用し、約1,312万画素カメラを搭載、ワンセグやおサイフケータイ、防水防塵といったおなじみの機能も完備する。通信面では下り最大75Mbpsの「4G LTE」に対応している。本稿で主だった機能について紹介していこう。

AQUOS Phone Serie SHL21。サイズは約68×130×11.2mm(最厚部11.8mm)、重量は約148g。OSはAndroid 4.0を採用している

外観をチェック

ディスプレイには約4.7インチHD(1,280×720ドット)液晶を搭載する。5インチに迫る大型ディスプレイを搭載するとあって、持ってみるとそれなりの重量感を感じる。重さは約148g。映像コンテンツを迫力の大画面で楽しめる端末の場合、気になるのは消費電力だが、本機種では新開発の「S-CGSilicon液晶システム」により、明るく鮮明な表示と高い省エネ性能を両立させた。これは液晶に搭載したメモリにキャッシュを保存させ、画像の書き換え回数を減らす技術だ。AQUOS Phone Serie SHL21ではこのほかにも便利な省エネ機能「エコ技」を標準搭載している。これについては別項で紹介する。

約4.7インチHD液晶を搭載する本端末。S-CGSilicon液晶システムにより、明るく鮮明な表示と高い省エネ性能を両方させた

プロセッサにはMSM8960 1.5GHzデュアルコアCPUを採用。内蔵メモリはROMが約16GB、RAMが約1GBとなっている。外部メモリとして、最大64GBのmicro SDXCに対応する。

カラーはクリアブルー、ブリリアントピンク、マットブラックの3色で展開する。写真の端末はクリアブルー

ディスプレイ背面に搭載する有効画素約1,312万画素のCMOSカメラでは、画像処理エンジン「ProPix」により暗い場所でもノイズのない明るい写真を撮影できる。光学手振れ補正も標準装備しており、ズーム時にも手振れが最小限に抑えられる。フルHD動画(1,920×1,080ドット)の撮影も可能。そのほか、カメラが約0.4秒で高速起動する「ON速起動」にも対応する。

端末側面にはmicro USB端子と音量調節キー、電源ボタンを搭載。ストラップホールも利用できる

IPX5/IPX7の防水機能、IP5Xの防塵機能に対応する本端末。上端の3.5mmイヤホンジャックが用意されている(写真左)。側面にはワンセグアンテナを収容

内蔵バッテリーは2,040mAhの大容量。バッテリーカバーを外すと、micro SDカードスロット、およびau Micro IC Cardスロットが出現する。充電時間は約220分(共通ACアダプタ04[別売]使用時)で、連続通話時間は約910分。連続待受時間は約610時間(3G)/約570時間(LTE)となっている。

内蔵バッテリーは2,040mAh。バッテリーカバーを外すとmicro SDカードスロット、au Micro IC Cardスロットが出現する(写真右)

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 外観とスペックをチェック
(2) シャープ独自の機能その1
(3) シャープ独自の機能とその他の便利機能
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

B型肝炎ウイルスは、0歳児の感染が最も危険! 予防接種が定期化された背景は
[07:00 9/29] ライフスタイル
『モーツァルト音楽王』前回覇者・浅川真己子に葉加瀬太郎から9人の刺客
[07:00 9/29] エンタメ
アウディやクアルコムなど、自動車・通信業界の大手8社が新団体
[07:00 9/29] テクノロジー
山下洋輔、タモリらとのバカ騒ぎが今の活動に!?『徹子の部屋』23年ぶり登場
[07:00 9/29] エンタメ
柳葉敏郎、さんま&IMALUに土下座!?『ダウンタウンDXDX』1000回突破SP
[06:00 9/29] エンタメ