【レポート】

Appleキーノート -「隅から隅までiPad」、だから「iPad mini」は7"タブレット市場で勝てる

1 iPad成功の秘密をティム・クック氏が解説

 
  • <<
  • <

1/2

Nexus 7やKindle Fire HDなど、199ドルの低価格タブレットによって消費者が注目し始めた7"タブレット市場に、AppleがiPad miniを投入する。すでにライバルが存在する同市場にAppleはどう切り込むのか。スペシャルイベントのキーノートで同社はiPad市場の価値を徹底的に示した上で、Every inch an iPad.(隅から隅までiPad)というキーワードを挙げた。

2年前にジョブズ氏が否定した7"タブレット

スペシャルイベント会場で開場を待つ行列に並んでいた時に、ブラジルのレポーターから取材を受けた。どのような発表を期待するかと聞かれ、小型のiPadを挙げたら、次の質問は「2年前にスティーブ・ジョブズ氏が7インチタブレットを否定したのは誤りだったと思うか?」だった。誤りだったとは思わない。ジョブズ氏が「タブレットとして競うには小さすぎるし、スマートフォンと競争するには大きすぎる」とした7インチタブレットは、特に米国においては昨年後半まで市場を広げられず、結果的にタブレット市場の大きなシェアを10インチのiPadが獲得したのだ。

その7インチ市場に、なぜAppleが参入したのか。「Nexus 7やKindle Fire/Kindle Fire HDが台頭してきたため? 」「対抗製品を投入する? 」。答えは「Yes」であり、「No」である。

Appleスペシャルイベント会場となったサンノゼのカリフォルニアシアター

ジョブズ氏が7インチタブレットを否定した時点で、iPadはまだパソコンとスマートフォンのすき間を開拓する存在だった。当時はパソコンやスマートフォンと重なる部分で、iPadはそれらと競争できなかった。ジョブズ氏の否定は、そうしたタブレットが置かれた状況を含めた指摘だった。それからわずか2年でiPad市場は大きく成長した。

キーノートで話題をiPadに移した時にティム・クック氏(CEO)はまず、2週間前にiPadの販売台数が1億台に到達したと発表した。2012年第2四半期のiPadの販売台数は、どのようなPCベンダーのPCの販売台数よりも多かった。今やiPadはPCよりも売れているコンピューティングデバイスなのだ。PCとスマートフォンのすき間をタブレットが埋めるのではなく、タブレットが届かない部分にPCが存在するような状況になりつつある。

初代iPadの登場から、わずか2年半で1億台を突破

PC販売台数トップHPのPC販売台数を上回るiPadの販売台数(2012年第2四半期)

iPadが開拓した市場をタブレット市場と呼ぶこともできるが、現状ではその大きな部分をiPadが占めている。例えばWebトラフィックを比べると、iPadのシェアは91%である。

タブレット市場で一人勝ち、タブレットのWebトラフィックは91%がiPad

「『なぜiPadは、iPad現象と呼べるほど成功できたのか? 』と疑問に思っているでしょう。答えはシンプルです。みんな自分のiPadが好きなのです (会場から笑い)。大きなマルチタッチディスプレイ、ハードウエアとソフトウエアの相乗効果から生まれる高速でなめらかなレスポンス、FaceTimeを楽しめるフロントカメラ、素晴らしい写真とHD動画を撮影できるリアカメラ、Wi-Fiまたはセルラーでどこからでもネットを利用できる接続性、Appleならではの1日中使用できるバッテリーライフなど、全てを人々は愛しています。そしてiPad向けに作られた素晴らしいアプリの数々……仕事やクリエイティブな作業、何かを学ぶのを手助けしてくれるアプリを彼らは愛しているのです」(Cook氏)。

このiPadユーザーがiPadの「"全て"を愛している」というのが、iPad miniという製品を理解する上で重要なポイントになる。

機能、アプリ……iPadユーザーはiPadの全てを愛しているとティム・クック氏

クック氏はさらに教育市場やビジネス分野におけるiPad採用のデータを示すなど、iPadの成長と市場の大きさを徹底的に印象づけた上で、「しかし、われわれはアクセルを緩めたりはしない (But we are not taking our foot off the gas)」という決めぜりふを繰り出して、新製品を発表するフィル・シラー氏(ワールドワイドマーケティング担当SVP)にバトンを渡した。

米国では今年1月に発表したiBooksテキストブックとオーサリングツールiBooks Authorを採用する学校や教育機関が急増。高校の基本カリキュラムの80%にiBooksテキストブック版が浸透している

Fortune 500企業でiPadをテストまたはすでに採用している企業が94%に達する

iPadの全てがコンパクトになったiPad mini

シラー氏が発表した第4世代iPadとiPad miniの詳細、発表の様子は「米Appleが第4世代iPadを発表」「米Appleが7.9インチの小型タブレット「iPad mini」を発表」「GoogleのNexus 7、AmazonのKindleを意識? Appleがキーノートで語った『iPad mini』『第4世代iPad』の魅力」に譲るとして、ここではiPad miniにフォーカスする。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) iPad成功の秘密をティム・クック氏が解説
(2) iPad mini投入の背景とは?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「デビットカード」ってどんなカード?
[07:00 7/29] マネー
米利上げ見通しは過小評価されていないか
[07:00 7/29] マネー
ねこのはなしをしようか 第17回 網膜が焼ける
[07:00 7/29] 趣味
熱中症になったことがある人は54% - 意外と知られていない対処法は?
[07:00 7/29] ヘルスケア
ふるさと納税、認知率はほぼ100%も実施率は10%にとどまる - なぜ?
[07:00 7/29] マネー