【レポート】

GoogleのNexus 7、AmazonのKindleを意識? Appleがキーノートで語った「iPad mini」「第4世代iPad」の魅力

1 第4世代iPadが発表される

 
  • <<
  • <

1/3

既報の通り、Appleが10月23日に開催したイベントのキーノートで、第4世代となるiPad、およびiPad miniが発表された。すでにこの日は、iMacやMacBook Pro、Mac miniといった多数の新製品が発表されていたが、やはり主役はiPad miniであった。キーノートの模様を振り返りながら、あらためて第4世代iPadとiPad miniについて確認していこう。

ティム・クックCEO

iPadがいかに世界に影響を与えたか

ティム・クックCEOによると、iPadの売上台数は現在1億台に達しており、タブレットにおけるトラフィック・シェアは91%にも上る。また、米国の2,500クラスでiBookをテキストブックとして使用されるなど、教育現場においてもiPadは存在感を放っているという。

iPadの売上台数は1億台に達している

他社との比較

タブレットでは圧倒的なトラフィック・シェアを誇る

教育現場での実績も強調

サプライズ発表となった第4世代iPad

ここでフィル・シラーにバトンタッチ。第4世代となるiPadが発表となった。前モデルから引き継いだ、あるいは超えたポイントは次の通りだ。

最新のA6XチップはCPU、GPU共に2倍

LTEにも対応。各国の通信事業者はご覧の通り。日本ではKDDI、SoftBankが提供

1つ目は「A6Xチップ」。CPU、グラフィック共に従来のA5Xチップの2倍の速度を誇る新チップである。また、速度が上がってもバッテリーの耐久時間が減ることはなく、これまでと同じ、10時間のバッテリーライフを実現している。

さらにFaceTime HDを搭載し、Wi-Fi+Cellularモデルでは通信規格がLTEにも対応する。日本での通信キャリアはKDDIとSoftBank。KDDIがiPad関連製品を扱うのは初めてのことだ。

USBカメラやSDカードなど、各種アダプタもLightningケーブルとなる

気になる価格は従来と同じ499ドル(42,800円)から

2倍の速度を誇る高速Wi-Fiにも対応している。また、コネクタにはiPhone5と同時に発表された新しいLightningコネクタを搭載する。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色を用意し、価格は16GBのWi-Fiモデルが499ドル(42,800円)、32GBが599ドル(50,800円)、64GBが699ドル(58,800円)となる。Wi-Fi+Cellularモデルは16GBが629ドル(53,800円)、32GBが729ドル(61,800円)、64GBが829ドル(69,800円)となる。

新チップにより高速化されたものの、第4世代iPadは大幅なモデルチェンジではなく、基本性能を向上させたマイナーチェンジにとどまったといえる。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 第4世代iPadが発表される
(2) iPad miniはiPad 2を小さく安くしたもの?
(3) ネットユーザーの反応は?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン