【レビュー】

ノート離脱派も感嘆!? Evernoteと連携したモレスキンの「スマートノートブック」の出来映え

1 質の高さがはっきり伝わる外観

 
  • <<
  • <

1/2

恥ずかしながら、筆者はこれまでの人生において、およそ「ノート」というものをまともにとったことがなかった。

まあ大人になれば嫌でも手帳を持つことになるんだし……と思っていたら、PCが普及したせいでさらにノート離れは加速してしまった。

しかし、なんだかんだで手書きのノートには、PCやスマートフォンにはない便利さがある(と聞く)。ならば、そろそろ筆者もノートを使い始めるべきではないだろうか。

そう思っていた矢先、あの有名な手帳ブランド「モレスキン」が、Evernoteに対応した特製ノートブックを発売するという話が舞い込んできたではないか。ヘビーなEvernoteユーザーでもある筆者には願ったりかなったりな商品である。

ということで今回は、予約して無事ゲットできた「Evernoteスマートノートブック」の使い心地をレポートしていくことにしよう。

Evernoteスマートノートブックの外観チェック

こちらがモレスキンの「Evernoteスマートノートブック」である。筆者が購入したのは横罫のラージタイプ。Evernoteスマートノートブックには横罫と方眼の2種類があり、それぞれにラージとポケットサイズが用意されている。まずは外観を見ていこう。

筆者はモレスキンのことをずっとモスレキンだと勘違いしていた

ラージタイプはハードカバーで横13cm×縦21cm。ページ数は240ページある。ハードカバーのマットな質感は高級な洋書のようだ。表紙の真ん中にはEvernoteのシンボルである象のアイコンが箔押しされており、見た目にも重厚感がある。あまり手帳に詳しくない筆者にも質の高さがはっきりと伝わってきた。

ゴムバンドはEvernoteのシンボルカラーである緑

こちらが裏面

開いてみると中は当たり前だがごく普通のノートである。新品なので開くと紙がペリペリと音をたて、とれてしまわないか一瞬不安になったが、そこはさすが高級品。見たところ8カ所でしっかり止められており、かなりしっかりしたつくりである。

中は普通のノート

裏表紙から開いてみると、おや、何か挟んである。書かれてあるメッセージによると、どうやらEvernoteスマートノートブック購入者には3カ月分のEvernoteプレミアムコードが与えられるようだ。Evernoteプレミアムは月額450円かかるので、これだけで1350円分の価値があることになる。

モレスキンとEvernoteからのメッセージカード入り

ポケットがある!

そして……ん? 裏表紙にポケットがついており、そこに何かが入っている。

ポケット部分もこだわりの緑

まだ何かある

出てきたのはステッカーだった。といっても単なる飾りとしてのステッカーではない。

実はこのステッカーこそが、EvernoteスマートノートブックのセールスポイントであるEvernote連携を可能にする重要アイテムなのだ。では実際に使ってみよう。

ステッカーが出てきた

色とりどりのステッカー

次ページ目玉機能は「ページカメラ」

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 質の高さがはっきり伝わる外観
(2) とりあえずノートに書いてみる

人気記事

一覧

新着記事

[C3TOKYO 2016]「ラブライブ!サンシャイン!!」グッズが続々 業界の熱視線も
[14:44 8/27] ホビー
「エヴァ」初のHDリマスター版がBSプレミアムで放送!5.1chサラウンドで
[14:32 8/27] ホビー
さんま、女子アナとの飲み会を計画!?「彼女がほしい」辻井伸行のため
[14:30 8/27] エンタメ
[大竹しのぶ]共演者が“関西弁”絶賛 「誰に習ったん?」の突っ込みに「忘れましたよ」
[14:22 8/27] エンタメ
[高橋愛]地元・福井県坂井市アンテナショップの一日店長 浴衣姿でまんじゅう配り
[13:45 8/27] エンタメ