【レビュー】

iOS 6で変わった「Siri」を試す - 「ジャイアンツ」のことを聞くとサンフランシスコのほうを答えちゃうお茶目な一面も?

 

iOS 5で登場した音声アシスタント機能「Siri」。音声認識をOSレベルでサポートするという意欲的な試みは、Androidなど他プラットフォームを巻き込みつつ世間に浸透、次世代のUIとして認知されるに至った。そのSiriが、今回のiOS 6でどう変わったかを見てみよう。

Siriのココが変わった!

Siriの実行プロセスは「人間の発する音を言葉として認識」し、その言葉を「デバイス側で命令として解釈/実行」するという大きく2段階に分類できる。前者の大部分はクラウド上で処理されるうえ、現状ベータ版でありサードパーティーにはAPIが公開されていないこともあり、多くは謎に包まれているが、確かにiOS 6では認識可能な命令が増えている。まずは、iOS 6で導入されたSiriの新機能を整理してみよう。

  • 対応デバイスが増加

これまでSiriが対応するデバイスはiPhone 4Sのみだったが、iOS 6のリリース直後に発売されたiPhone 5のほかに、新しいiPad(第3世代)と10月発売予定のiPod touch(第5世代)もサポートされた。携帯電話回線を備えるデバイスのみサポートという状況は、今回のアップデートで解消されることになり、Wi-FiモデルでもSiriを利用できることになった。

iPhone 5で「Siri」の用例を表示したところ。iPhone 4Sなど他のデバイスとの機能差はない

  • アプリの起動が可能に

Siriの命令系統に「アプリの起動」が追加され、インストール済のアプリを音声で起動できるようになった。命令は「~を開く」と「を起動」というPC的な言い回しのほか、ゲームアプリを意識したと思われる「~で遊ぶ」も受け付ける。なお、アプリの種類/カテゴリによる言い回しの制限はないため、「Safariで遊ぶ」や「メモで遊ぶ」もアリだ。

認識精度はなかなかのもので、ある程度の"あいまいさ"を認めている点が特徴。たとえば、ホーム画面には「Y!辞書」と表示されている「Yahoo! 辞書」は、「やふーじしょをきどう」と言えば認識されるのはもちろん、「わいじしょを起動」でも認識される。それどころか、滑舌の悪さからかSiriに「My辞書を起動」と誤識されても、しっかりYahoo! 辞書を起動することができた。

「あどびりーだーをきどう」と話しかけたところ、「~でよろしいですか?」などと確認されることなく、直ちにAdobe Readerが起動された

「ブラウザを起動」と言えばSafariが起動するなど、ある程度の"別名"は認識してくれるが、計算機を"電卓"と呼ぶと認識されなかった

  • 言葉でTwitterとFacebookに投稿

OSレベルでTwitterとFacebookをサポートしたことにあわせ、Siriに投稿機能が用意された。Twitterは「~とつぶやく」または「~とツイート」、Facebookは「~と投稿」または「~とウォールに書き込んで」と話しかければ、その直前の言葉が各サービスに投稿される。写真の添付には対応せず、タイムライン/ウォールを閲覧できないなど機能的に制約はあるが、文字どおり"つぶやき"でSNSと連携できる点は斬新だ。

「iPhone 5は軽くて使いやすいよね」とツイート」のつもりで話しかけたところ、「5」が「ファイブ」となったことを除けば、ほぼイメージどおりにツイートできた

「ウォール」が「ボール」と誤認識されることに苦労したものの、Facebookのウォールへの書き込みにも成功した

  • 残念ながら日本では使えない機能

iOS 6のSiriには、「スポーツ」と「映画」という命令カテゴリも新設された。前者は野球やサッカーといったプロスポーツを、後者はiTunesで取り扱う映画の情報や提携したWebサイト(映画の場合「Rotten Tomatoes」)の情報を、画面に表示してくれる。

ただし、10月1日時点でスポーツの情報は北米地域のみ。日本語は認識されるが、ジャイアンツといっても「サンフランシスコ・ジャイアンツ」であり讀賣巨人軍のことではなく、ライオンズといっても西武ライオンズではなく「デトロイト・ライオンズ」というNFLのチームだ。映画にしても、iTunes Storeで取り扱いのある映画の情報は教えてくれるが、日本における上映情報は未対応となっている。

西部ライオンズのつもりで「ライオンズの試合の結果を教えて」とたずねたところ、アメリカンフットボール(NFL)のライオンズの試合結果が返ってきた

「ゾンビ映画」について尋ねたところ、iTunes Storeで扱いのあるホラー映画のリストを示してくれた

  • 10月に始まる? 期待の新機能

現時点のSiriには未完成な部分が多々あるが、忘れてはならないのは「ベータ版である」ということ。だから今後も改良は続けられるはずで、間もなく登場予定の機能も実際いくつかある。

アップルジャパンのこちらのページには、「ローカル検索」と「道順」、「レストラン情報」という3つの機能が、10月に登場する旨告知されている。いずれもiOS 6でApple独自のものにリプレイスされた「マップ」と連携する機能であり、iOS 5までのGoogleマップの利便性に近づけるものだ(そうあってほしい)。この3つの機能については、また別の機会に報告したい。

アップルジャパンのWebサイトでは、今後登場予定の機能が告知されている。Siriは今後も進化を続けるはずだ

人気記事

一覧

新着記事

「春佳・彩花のSSちゃんねる」、DJCD発売と番組単独イベント開催が決定
[02:00 8/31] ホビー
[銀の匙]サンデーで半年ぶりに連載 次号も掲載へ
[00:00 8/31] ホビー
「天智と天武」最終10&11巻が同時リリース、兄弟の愛憎劇描く歴史マンガ
[23:10 8/30] ホビー
ダークホラーで納涼…!「もののべ古書店怪奇譚」などフェアで描き下ろし特典
[23:00 8/30] ホビー
藤子・F・不二雄の世界へトリップするファンブック、渋谷直角や星野源も
[22:53 8/30] ホビー