【レポート】

サムスン新SSD発表会 - ベンチマークは? そして次世代のSSD像とは?

1 新型のコントローラとNANDフラッシュを採用

 
  • <<
  • <

1/2

既報の通り、韓国サムスン・エレクトロニクスは9月24日、2.5インチSSDの新モデル「Samsung SSD 840 PRO」(以下、SSD 840 PRO)および「Samsung SSD 840」(以下、SSD 840)の発表会「2012 Samsung SSD Global Summit」を韓国・ソウルで開催。ほぼ丸一日をかけた発表会は、同社のSSDに対する意気込みをうかがわせる。

上位モデルのSSD 840 PROは、性能にこだわるアーリーアダプタ層向けの製品。価格は128GBが149.99ドル、256GBが269.99ドル、512GBが599.99ドルの予定。インタフェースはSATA3(6Gbps)で、512GB/256GBはランダムリードが最大100,000IOPS、ランダムライトが最大90,000IOPS、シーケンシャルリードが最大540Mbps、シーケンシャルライトが最大520Mbps。

下位モデルとなるSSD 840は一般コンシューマ向けの製品。価格は120GBが109.99ドル、250GBが199.99ドル、500GBが449.99ドルの予定。2.5インチ/3.5インチマウンタや、USB-SATA変換ケーブルなどがセットになったキットも用意される。価格は120GBが129.99ドル、250GBが219.99ドル、500GBが469.99ドルの予定。インタフェースはSATA3(6Gbps)で、500GBのランダムリードは最大98,000IOPS、ランダムライトは最大70,000IOPS、シーケンシャルリードは最大540Mbps、シーケンシャルライトは最大330Mbps。

SSD 840 PRO

SSD 840

SSD 840インストレーションキット

NANDフラッシュやコントローラも新しく

Samsung製SSDの大きな特徴の1つに、SSDを構成するコアパーツをすべて自社生産している点が挙げられる。NANDフラッシュ、コントローラ、キャッシュ用のDRAM、そして製造とテストまで自社で行っている。今回の新モデルでは、従来モデルの「Samsung SSD 830」(以下、SSD 830)と比較して、NANDフラッシュやコントローラも新しくなった。

まずNANDフラッシュは、データ入出力のクロックを従来の133Mbpsから400Mbpsに高めている(Toggle 2.0 NAND)。コントローラは、トリプルコアのARM 9(22OMHz)ベースだった「MCX」から、同じくトリプルコアのARM Cortex-R4(300MHz)の「MDX」へと進化。また、ファームウェアやチューニングといったレイヤーでは、ランダムアクセスを重視して改善が進められており、さらにSATA3(6Gbps)インタフェースへも一層の最適化を図ることで、性能を向上させたという。

製品紹介セッションのプレゼンター、ジョナサン・ダ・シルバ氏

SSD 830、SSD 840、SSD 840 PROの基本性能(いずれも256GBモデル)

SSD 830からの進化

SSD 840 PROとSSD 840の概要

NANDフラッシュに関するところでは、SSD 840に「TLC」(トリプルレベルセル)タイプが採用された点が興味深い。TLCとは、1つのセルに3ビットのデータを記録するNANDフラッシュだ。大容量化や低コスト化で大きなメリットがある反面、書き換え回数や耐久性が落ちるとされている。そのため、SSD 840では予備領域(オーバープロビジョニング)を多めにとり、使用期間/回数によって信頼性が落ちた領域を予備領域へと振り替えることで、十分な耐久性を確保したという。

SSD 840 PROのNANDフラッシュは、従来のSSD 830と同じMLC(マルチレベルセル)タイプだ。MLCでは、1つのセルに2ビットのデータを記録するため、TLCと比べて耐久性が高くなる(逆に容量とコストは不利)。そのため、SSD 840 PROとSSD 840を比較すると、SSD 840のほうは容量が少し小さく(SSD 840 PROは512/256/128GB、SSD 840は500/250/120GB)、保証期間はSSD 840 PROの5年に対してSSD 840は3年だ。ただ、一般的なユーザーの使用シーンにおいては、SSD 840の信頼性も耐久性も問題ないと自信を見せる。

また、SSD 840 PROとSSD 840はデザインにも力が入っている。従来のSSD 830はフラッグシップモデルということで、本体の表面にヘアライン加工を施し、スポーツカーのようなスピード感を表現していた。今回のSSD 840 PROとSSD 840は、表面加工がヘアラインからサンドブラストに変わり、エッジ部分にダイヤモンドエッジ加工が加わっている。SSD 830のスポーツカーに対して、SSD 840 PROとSSD 840は高級セダンのイメージだという。

デザインを手がけたシム ヒョンソプ氏(写真左)。SSD 840 PROとSSD 840は、サンドブラスト加工とダイヤモンドエッジ加工によって、落ち着いた高級感を出している

次ページ: ベンチマーク結果も速かった
  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 新型のコントローラとNANDフラッシュを採用
(2) ベンチマークは最速の座を奪取
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』、10月放送開始! 新ビジュアルを公開
[16:55 7/29] ホビー
デル、直販サイトで「Surface Pro 4」を販売開始
[16:55 7/29] パソコン
スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア