【レビュー】

iOS 6はiPhone 4でもサクサク動くのか?

1 なぜ、初代iPadはサポート対象から外れたのか

 
  • <<
  • <

1/3

iOS 6とほぼ同時にiPhone 5が発売されたこともあり、従来モデル、特にiPhone 4は"過去のもの"感が現れはじめた。しかし、さにあらず。iPhone 4の発売はいまなお継続されているし、もちろんiOS 6も動作する。問題は、軽快に動作するかどうかなのだ。

iOS 6をiPhone 4で動かすということ

iOS 6は現在のところ、iPhone 3GS/4/4S/5、iPad 2/iPad(第3世代)、およびiPod touch(第4世代)で動作する。iPhone 3GSを除けば、基本的にApple A4以降を搭載したデバイスが対象となるが、それでもApple A4を搭載する初代iPadは除外された。

クロック数で判断すると、iPhone 3GSより処理能力は高いはずなのになぜ初代iPadが……と不整合性を感じてしまうが、Apple A4はCortex A8とPowerVR SGX 535 GPUという既存アーキテクチャをベースにしており、クロック数こそ1GHzに引き上げられてはいるが、iPhone 3GSのSoCと比較して劇的な変化とまではいえない。それに、iPhone 3GSの画素数(320X480、約15万3千)は初代iPad(768X1024、約78万6千)に比べ約5分の1と大幅に少ないが、GPUは同じPower VR SGX 535だ。

となると、同じApple A4を搭載し画素数は640X960(約61万4千)に増したiPhone 4がサポート機種に残ったのはなぜか、ということになるが、その「61万と78万の間」とメモリ容量の差(初代iPad=256MB、iPhone 4=512MB)に越えられない壁があるのだろう。ユーザエクスペリエンスを重視するAppleのこと、描画性能や操作感を含めた全体のバランスを考慮し、初代iPadをサポート機種から外したものと推測される。

だが、初代iPadがiOS 6でドロップしたという事実からすると、画面の解像度とメモリ容量を除きスペック的に近いiPhone 4は、iPhone 3GSともどもiOS 6の"当落線上"近くに位置することは確かだ。iOS 5のときと同じく快適に利用できるのか、しっかり吟味する必要があるだろう。……続きを読む

システム情報を出力するアプリ「System Status」を利用し、iPhone 4のSoCの情報を表示したところ

同じく「System Status」で初代iPadのSoCの情報を表示したところ。iPhone 4より高クロックな点に注目

AppleのWebサイトに掲載されている、iOS 6対応デバイスの一覧。iPhone 4は残ったが、初代iPadは消えた

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) なぜ、初代iPadはサポート対象から外れたのか
(2) iPhone 4でどの程度"使える"のか
(3) iPhone 4の引退を考えるべきか

人気記事

一覧

新着記事

「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー
サンワダイレクト、ブルーLEDセンサー搭載のシンプルなBluetoothマウス
[16:12 8/30] パソコン
箱根登山鉄道・南海電鉄など「全国登山鉄道パーミル会」ヘッドマークを掲出
[16:03 8/30] ホビー