【レビュー】

Mountain Lion対応だけでなく、WindowsとMacの融合がさらに前進 - 「Parallels Desktop 8 for Mac」

1 今度のキモは「Mountain Lionレディ」

 
  • <<
  • <

1/2

いまやMacユーザの必携品となった仮想化ソフト。なかでもParallels Desktop for Macは、いち早く新機能を導入する、デスクトップ向け仮想化ソフトにおけるトレンドセッター的存在だ。それでは早速、Mountain Lionの発売にあわせ公開された新バージョン「Parallels Desktop 8 for Mac」の試用レポートをお届けしよう。

Parallels Desktop 8 for MacでWindows 7をゲストOSとして実行しているところ。WindowsソフトがMission Controlで管理されていることがわかる

今度のキモは「Mountain Lionレディ」

7月下旬に公開されたMountain Lionは、iOSとの融合/共存というテーマをさらに推し進めたデスクトップOSであり、ユーザインターフェイスの改良に力点を置いたリリースとなっている。そのMountain Lionに照準をあわせた今度の「Parallels Desktop 8 for Mac」も、ユーザインタフェース面の変化が見どころのひとつだ。

まず気がつくのは、通知センターの統合。Windowsには、タスクバー上に「通知領域」と呼ばれるイベントを表示するエリアがあるが、ここに表示される情報がMountain Lionの通知センターに表示される。これまでもメニューエクストラ上に仮想マシンであるWindowsの通知が表示されていたが、通知センター上に表示されるようになり、見逃すことがなくなった。

ダウンロードの完了など、Windowsの通知領域で知らされる情報をOS Xの「通知センター」に表示できるように

Mountain Lionの新機能「音声入力」にも対応している。OS X側で利用しているマイクやヘッドセットを利用すれば、メモ帳など文字入力可能なアプリケーションに読み上げた文字列を挿入できる。BluetoothデバイスをゲストOS(Windows)と共有可能になったので、外付けのマイクを利用している場合も余分な作業は必要ない。利用方法はOS Xと同様、Fnキーを2回押して話しかけるだけだ。

Mountain Lionの新機能「音声入力」が、Windowsアプリケーションで利用できるようになった

さらにParallels Desktop 8 for Macでは、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」をサポート。最大2880x1800ピクセルという解像度で、WindowsなどゲストOSのデスクトップを表示できるという。正確にいえば、前バージョンのときアップデートで提供開始された機能だが、安心して導入できる材料にはなるだろう。

なお、Intel Core 2 Duo、Core i3、Core i5、Core i7、またはXeonプロセッサがハードウェア要件となっている。システム要件ではSnow Leopard 10.6.8以上となっているが、Core SoloおよびCore Duoプロセッサは動作対象外となっているため注意したい。

メモリは2GB以上搭載とされているが、ゲストOSにMountain LionやWindows 8といった最新のOSを導入する場合には、そのぶんのメモリも確保する必要がある。常駐サービスの増加でメモリ消費量が増えたMountain Lionで使うのならば、パフォーマンスが大幅に低下するスワップの発生を回避するために、最低でも8GB、できればそれ以上の物理メモリを搭載しておくべきだろう。

次のページ:パフォーマンスの向上と管理機能の改良
  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 今度のキモは「Mountain Lionレディ」
(2) パフォーマンスの向上と管理機能の改良
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[森川葵]ドラマ「プリンセスメゾン」でNHK初主演 26歳独身の“家買う女”に
[22:50 8/30] エンタメ
赤塚不二夫と過ごしたフジオ・プロの日々、元アシスタントが綴るコミックエッセイ
[22:49 8/30] ホビー
[錦織圭選手]銅メダルの自信をもって“今年の目標”の全米へ
[22:46 8/30] エンタメ
至福の一皿も!山崎童々、グルメマンガ発売イベントでツレヅレハナコと語る
[22:32 8/30] ホビー
「SUPER LOVERS」2期のティザービジュアル公開、公式サイトもリニューアル
[22:29 8/30] ホビー