【レポート】

Apple対Samsung裁判でiPod touchやGALAXYの販売実績が明らかに

 

Apple対Samsungの裁判では、その過程でさまざまな極秘資料やエピソードが出現して世間を賑わせているが、こんどは両社のスマートフォン製品の売上に関するデータが飛び出してきた。初となるiPod touchに関する販売データのほか、タブレットを含むGALAXYシリーズの実際の売上まで、非常に興味深いものとなっている。

iPod touchの販売状況がはじめて明らかに

この件はAll Things DigitalでIna Fried氏が報じている。今回裁判に提出されたのは、Samsungの2010~2012年までの2年にわたる同社製Androidスマートフォンの販売台数ならびに売上金額の詳細、そしてAppleの2007~2012年までのiOSデバイスの販売台数ならびに売上金額の詳細だ。

前回の両社裁判に関するレポートにあるように、売上データは非常にセンシティブなものであるため、一部データは両社弁護士によってマスクされており、そして今回は米国内に限ってのデータとなっている。だが、前出のように初公開となるiPod touchの販売実績のほか、米国におけるSamsungのスマートフォン/タブレット事業の実際が明らかにされた点がポイントだといえる。詳細データをまとめた表はAll Things Digitalの当該記事で確認できるので、興味ある方はチェックしてみてほしい。

iPod touchからiPhone/iPadへのシフトで、Appleの収益体質はさらに強化?

iPod touch、iPad、iPhoneの3つのiOSデバイス

まず、Apple側の情報からみていこう。それによると、iPhoneのこれまでの米国内における累計販売台数は約8,600万台で、売上は約507億ドル。iPadの累計販売台数は約3,400万台で、売上は約191億ドルとなる。どちらのデバイスについても、売上を販売台数で割った金額は500~600ドルの範囲となっており、ほぼ販売価格の水準に一致する。iPod touchについては累計販売台数が約4,700万台で、売上は約103億ドル。iPhoneには及ばないものの、かなりの販売台数を積み上げていることがわかる。

iPod touchに関して興味深いのは、iPadが販売開始となった2010年をピークに売上が低下を始め、2012年現在ではピーク時の6~7割程度の水準にとどまっているということだ。ここからは、これまでiPod touchのターゲットだったユーザーの一部がiPhoneやiPadへシフトしたことがうかがえる。そしてここでポイントとなるのが、iPod touchの売上を販売台数で割った金額は220ドル程度で、主力の2デバイスと比較して3分の1だという点。つまり、iPod touchからiPhone/iPadへのユーザーのシフトは、Appleの売上の底上げへとつながっている。

Samsungは2年間でスマホ2,125万台、タブレット140万台を販売

GALAXY Tab

次にSamsung側のデータをみてみよう。2010年6月から2012年6月までの間に同社は米国内で2,125万台のスマートフォンを販売し、75億ドルの売上をあげている。All Things Digitalの表には機種ごとの詳細が記されているが、キャリアごとに名称の異なるバリエーションも1機種として掲載しているため(例えば「Infuse 4G」と「Droid Charge」は同一製品だが、表では別々に扱われている)、ややわかりにくいものとなっているため、全体を俯瞰する程度に参照するといいだろう。

また、表には掲載されていないものの、同期間のタブレットの販売台数は140万台で、売上は6億4,400万ドルとなっている。同社の米国におけるタブレットといえばGALAXY TabとGALAXY Tab 10.1だが、この2つを合わせて140万台というわけだ。販売台数としては一定水準を達成しているといえるが、iPadの累計3,400万台と比較すると非常に苦戦を強いられているという数字だ。

際立つAppleの高収益体質

データが揃ったところで両社の実績を比較してみよう。iPhoneの販売台数をSamsung側のデータに合わせるため、2010年第3四半期から2012年第2四半期までで区切って販売台数の合計を出すと、約6,000万台となる。Samsungが米国内で販売しているスマートフォンはAndroidベースのものだけではないが、残りは傾向に大きな影響を与える水準ではないと考えれば、6,000万台と2,125万台で3倍近い差がある。最新のcomScoreの調査によれば、米国内における携帯電話契約者シェアはSamsunが25.6%とトップで、Appleが15.4%で3位につけている。それにも関わらずスマートフォンでこうした販売台数の差が出るのは、同国におけるSamsungの販売シェアの大部分が「フィーチャーフォン」と呼ばれる従来型の携帯電話や100ドル未満で購入可能な安価な端末(プリペイド)などに偏っていることによるとみられる。

台数ではなくスマートフォンの売上でみると、両社の差はさらに顕著だ。Appleの370億ドルに対し、Samsungは75億ドル。高付加価値のスマートフォンといっても、平均するとSamsungの端末には比較的価格の安いものが多く、それによってASPが引き下げられる傾向にあると考えられる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『クラッシャージョウ』、Blu-ray BOX発売決定! 公式サイトオープン
[02:50 10/1] ホビー
TVアニメ『デジモンユニバース』、10/1放送開始! 第1話の場面カットを公開
[02:27 10/1] ホビー
TVアニメ『sin 七つの大罪』、メインキャスト出演の音声ドラマ第1話を公開
[01:42 10/1] ホビー
TVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』、放送開始直前! ニコ生での特番決定
[01:29 10/1] ホビー
TVアニメ『競女!!!!!!!!』、秋葉原で水着風コンパニオンが号外新聞を配布!?
[01:03 10/1] ホビー