【レポート】

無料でPDFを作成する方法 - オススメのツールまとめ

 

PDFは、Windows、Mac、スマートフォン、タブレットと、OSやデバイスが異なっても同じレイアウトで表示できるという大きなメリットがあるため、ビジネスシーンにおける配布用ドキュメントの標準ファイルフォーマットとして定着している。文書を配布するには便利なPDFだが、作成するには専用のツールが必要だ。ここでは、PDFを作成できる無料のソフト(Windows用)やWebサービスを紹介しよう。

Office 2010なら標準機能を使おう

文書作成の多くは、Word、Excel、PowerPointなどのMicrosoft Office製品で行われていることだろう。Word 2010、Excel 2010、PowerPoint 2010などのOffice 2010製品は、保存時のダイアログでPDFを選択するだけでPDFに保存できる。

Office 2010ならファイル保存時にPDFを選択できる

まだまだユーザーの多い旧バージョンのWord 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007などのOffice 2007製品では、PDF変換用のアドインソフトを入れればPDFで保存できるようになる。

保存のダイアログボックスでPDFが表示されるかどうかを試してみて、表示されないならマイクロソフトのWebサイトからダウンロードしてインストールすればよい。

2007 Microsoft Office プログラム用 Microsoft PDF/XPS 保存アドイン

無料の変換ソフトを使う

Office以外のアプリケーションからPDFを作成するなら、無料のPDF変換ソフトを使おう。今回は「PrimoPDF」「CubePDF」「Bullzip PDF Printer」の3つを紹介する。

どれも、仮想プリンタドライバとして機能するタイプで、アプリケーションの印刷時にインストールしたPDF作成ソフトをプリンタして選択するだけだ。その後で、PDF変換の設定画面が表示されるので、セキュリティなどを設定すればよい。

PrimoPDF

提供元: nitroPDF software (日本語版提供 エクセルソフト株式会社)

入手先: http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/index.html

ダウンロードサイトも日本語で用意されており、インストール作業も日本語対応(日本語版はエクセルソフト社が提供)となっているフリーのPDF作成ソフト。日本語のマニュアルまで提供されるので、英語が苦手な人でも安心して利用できる。設定画面もわかりやすく使いやすい。

PDF出力時の設定画面。品質の選択やセキュリティの設定が行える

CubePDF

提供元: 株式会社キューブ・ソフト

入手先: http://www.cube-soft.jp/cubepdf/

ダウンロードサイトからインストール、マニュアルまで日本語対応のフリーソフト。設定画面もシンプルでわかりやすい。PDFバージョンは1.7まで対応。64bit版も用意されている。

PDF出力時の設定画面。PDFバージョンの選択や、セキュリティの設定が行える

Bullzip PDF Printer

提供元: bullzip.com

入手先: http://www.bullzip.com/products/pdf/info.php

ダウンロードサイトは英語版だが、インストーラーを起動し「japanese」を選択すれば、セットアップと設定画面は日本語化される。PDFに「透かし」を入れる機能や、PDF以外にBMP/EPS/JPEG/PNG/TIFFといった画像ファイルに変換することもできる。

Bullzip PDF Printerのダウンロードサイト

PDF出力時の設定画面。品質の選択やセキュリティの設定が行える

オンラインサービスで変換

PDF作成ソフトをインストールすればPDFは作成できるが、セキュリティの関係上ソフトをインストールできない場合もあるだろう。そんな場合は、緊急手段として、PDF作成のオンラインサービスを利用するといいだろう。ただし、変換できるファイルフォーマットやファイルの容量に制限があることが多い。 ここでは4つのサイトを紹介するが、ほかにも同様のサービスを提供しているサイトがあるので探してみるといいだろう。

cometdocs

提供元: Cometdocs.com

URL: http://www.cometdocs.com/

英語サイトだが、わかりやすいインタフェースだ。変換するファイルをアップロードし「PDF create」をクリック、メールアドレスを入力して「Send」を押せばOKだ。FAQの「Convert to PDF」で変換可能なファイルを確認できる。

英語サイトだが、わかりやすいインタフェースなので使いやすい

PDF converter

提供元: Baltsoft

URL: http://www.freepdfconvert.com/

これも英語サイトだが、変換したいファイルを設定し、メールアドレスを入力するだけのシンプルなインタフェース。ファイルとHTMLのどちらもPDFに変換できる。「Show Options」をクリックすると、セキュリティなどの細かいオプションも設定できる。

英語サイトだがシンプルなインタフェース。オプションでセキュリティも設定できる

Neevia Technology Document Converter

提供元: Neevia Technology

URL: http://convert.neevia.com/pdfconvert/

PDFのバージョンを選択できたり、暗号化や透かしにも対応している。英語サイトだが、スッキリまとまったインタフェースなのでわかりやすいだろう。

PDFのバージョン選択や、暗号化/透かしにも対応している

convert Word 2 pdf

URL: http://www.convertword2pdf.com/

WordファイルのPDF変換のみサポートする。ファイル名を指定してボタンを押すだけの簡単なインタフェースが特徴だ。作成されたらダウンロードボタンを押してダウンロードすればよい。

なお、画面の上の青いボタンを押すと、各種ファイルからPDF、PDFから各種ファイルに変換できるWebサービスのサイトに移動できる。

シンプルなインタフェースが特徴だ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[初音ミク]ストレートヘアを初披露 ツインテールほどく
[04:00 8/30] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの5枚目シングルが自己最高位タイのオリコン3位 発売初週に4万枚
[04:00 8/30] ホビー
初音ミク「LUX」新CMでストレートヘア初披露、S・ヨハンソンの動き完全再現
[04:00 8/30] ホビー
櫻井翔、「めぐりズム」新CMに - アイマスク着用で「見えない!」
[04:00 8/30] エンタメ
SMAP「世界に一つだけの花」歴代シングル売上7位に - 累計売上278.3万枚
[04:00 8/30] エンタメ