【レポート】

新生「LINE」は何がどう変わるのか - NHN Japanが目指す新事業戦略と最新機能

1 LINEが目指すプラットフォーム戦略

 
  • <<
  • <

1/2

NHN Japanが7月3日開催したスマートフォンアプリ「LINE」についてのカンファレンスでは、既報のとおり「LINE」のプラットフォーム戦略のほかソーシャルネットワーク性を強化する新機能、そしてKDDIとの業務提携について発表された。コミュニケーションツールからプラットフォームへと変貌を遂げようとしている「LINE」は何がどう変わるのか。ここではカンファレンスの内容をもとに詳しくみていこう。

左からNHN Japan執行役員舛田淳氏、代表取締役社長森川亮氏、取締役・ウェブサービス本部代表出澤剛氏

価値あるプラットフォームの条件

NHN Japan執行役員の舛田氏は、LINEをプラットフォーム化するにあたり、「価値のあるプラットフォームの条件」として「大規模なユーザーベース」「そこにサービスが効果的につながっているか」「その場が収益化できるか」の3点を挙げ、LINEはそのすべてを満たしていると強調する。

具体的には「LINEには4,500万人のユーザーがおり(ユーザーベース)」「LINE CAMERAやライン公式アカウントなどのサービスが大ヒットしており(サービス)」「有料のスタンプを販売したところ、2カ月間で3億5,000万円の売上を達成した(収益化)」とのことで、これらの実績を引っさげてプラットフォーム化に踏み切ったというわけだ。

LINE CAMERAはLINE内でしかPRしなかったにも関わらず、1カ月で500万ダウンロードを記録した]

プラットフォーム「LINE Channel」とは?

「これまでは人と人をつないできたLINEが、これからは人と人、そしてコンテンツをつないでいく」と、LINEの新たな方向性を示した舛田氏。ではプラットフォーム化とは具体的にどういうことなのだろうか。

そこでLINEが新たに取り組むのが「LINE Channel」である。

LINE Channelはあらゆるコンテンツを内包する巨大プラットフォーム

これは、LINEユーザー本人、およびLINE上でつながっている友人と一緒に楽しむことができる連携アプリ・サービスを集約したプラットフォームサービスのことだ。

コンテンツには、たとえば「ゲーム」や「占い」、「クーポン」などがあり、ユーザーはこれらの有料コンテンツを「LINEコイン」と呼ばれるLINE内での仮想通貨を購入して利用することになる。アプリについては、当初は自社開発アプリのみとなるが、今後は外部パートナー向けにAPIを公開して様々なコンテンツを提供してもらい、スマートフォンにおける新たなエコシステム(経済圏)を築くことを目指すという。

カンファレンスのスクリーンで見たところ、LINEコインは170円で100コイン、350円で200コインといった価格。1円=1コインというわけではないらしい

プラットフォームを軸に広がるコンテンツ

コンテンツの中身をもう少し詳しく見ていこう。

まず「LINE Game」。これはLINEでつながっている友人と共同で楽しむネイティブアプリ(iOS・Androidで公開されており、LINEと連携できるアプリ)形式のゲームサービスで、7月上旬頃から「Birzzle」をはじめとする人気タイトルを第一弾として提供する。

また、初期参加企業には「スクウェア・エニックス」や「タイトー」「コナミデジタルエンタテインメント」などの大手ゲームメーカーが顔をそろえており、先行するGREE、モバゲーといったゲームプラットフォームにどこまで食い込めるか注目したいところだ。

代表取締役社長・森川氏

その他、最初から様々なジャンルのゲームを意欲的に投入する

次に「LINE トークノベル」。これはトーク画面内にてダイアログ形式で読み進めるテキストノベルで、第一弾として6月27日より小説「リフレイン」を配信している。すでに講談社からのコンテンツ提供が決定しており、8月をメドに新作品を公開していく予定だという。また舛田氏は、「ケータイ小説がケータイ小説家を生んだように、我々としてもLINEトークノベル作家を生んでいきたい」と将来の展望を語った。

執行役員・舛田氏

続いて「LINE Fortune」と「LINE クーポン」。「LINE Fortune」は、LINE公式アカウント内にある「LINE占い」を発展させたコンテンツで、「LINE クーポン」はリクルートのホットペッパーと連携したクーポンサービスとなる。

最後に「LINE サウンドショップ」。これはスタンプショップの拡張版で、レコチョクとの連携による音楽コンテンツ。LINEコインを利用して「着うた」や「着信ボイス」を購入し、着信音に設定したり、スタンプとして使うことができるという。

このほかにも、「LINE Search」や「LINE Q&A」「LINE News」「LINE Location」「LINE Shopping」「LINE Gift」「LINE Comics」「LINE Books」「LINE Music」といった様々なサービスを今後リリースしていくとのことで、舛田氏は「LINEはスマートフォンユーザーにとってのポータルとして存在していく」と、LINEが目指す方向性を示した。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) LINEが目指すプラットフォーム戦略
(2) コミュニケーション機能も大幅に変化

人気記事

一覧

新着記事

アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味
名画とスター猫がコラボ!? 今度の「ねこ休み展」は美術館がテーマ
[11:54 8/30] 趣味