【レポート】

アメリカの「朝マック」がいろんな意味ですごすぎる

  [2012/06/20]

ホットドッグやマフィン、パンケーキに加え、甘じょっぱい「マックグリドル」など、様々な朝食メニューを展開する「マクドナルド」。本国アメリカではどのような「朝マック」メニューを出しているのだろうか。ということで早速店舗に行ってみた。……アメリカといってもハワイだけど。

ごはんのワンプレートメニュー

ごはんに玉子やポルトガルソーセージ、スパムが添えられた「Local Deluxe Breakfast」($4.99)

まず驚くのが米飯メニューの存在。「Local Breakfast Platters」として3品あり、スパムや玉子、ポルトガルソーセージがごはんに添えられている。ポルトガルソーセージは一見するとパティのようだが、粗挽きソーセージの大きい版、といった感じ。これが3枚と玉子、ごはんのセットで$3.89。ドリンクは別。今回はせっかくだしということで、ボリューミーな「Local Deluxe Breakfast」($4.99)をオーダー。ポルトガルソーセージ3枚にスパム2枚、玉子、そしてごはんのセットだ。

お茶碗2膳分はありそうなごはんに圧倒されつつ、一口食べてみると全くベチャベチャしていなくて意外にいい感じの仕上がり。玉子はスクランブルエッグかと思いきや、断面を見ると層ができていて、どちらかというと玉子焼きのような不思議な状態になっていた。日本にも米飯メニューがあればいいのにな。腹持ちいいし。

パンケーキやハッシュドポテト、玉子、スコーン、ポルトガルソーセージ(玉子の下に隠れています)がセットになった「Big Breakfast Platters」($5.39)

あとは、「Big Breakfast Platters」($5.39)も注文。こちらはパンケーキ3枚にスコーン、ハッシュドポテト、ポルトガルソーセージ、玉子がワンプレートになっている。何がビックリって、別添えになっているメープルソースの容器がやたら大きいこと。50ccは入っていそうなビッグサイズ。パンケーキにバターをのせて、メープルをタラタラとかける。ものすごい量が生地にしみこみ、サヴァランのような状態になった。これとハッシュドポテトを一緒に食べると、甘じょっぱくてマックグリドルみたいな味わい。

パンケーキが3枚もあるので「スコーンの存在意義って……」と悩みつつ、玉子やソーセージをサンドして自分なりにアレンジを加えてスコーンを食べていく。

しかし、色々食べれば食べるほど、無性に喉が渇いてくる。追加で頼んだオレンジジュースで喉を潤しながら、1人で2プレート完食。1日分のカロリー摂取ができたかも。

食後の感想は……「野菜食べたい!!! 」

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本TI、40A出力・入力電圧16VのDC/DCコンバータを発表
[16:28 6/1] テクノロジー
高さ2.8mの"ギア4"ルフィ世界初展示!「JUMP SHOP お台場店」7/15より開催
[16:21 6/1] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが"ZEN"採用ハイエンドCPU「Summit Ridge」をチラ見せ
[16:19 6/1] パソコン
中小企業の黒字企業割合が51%へ - "改善"に真摯に取り組む企業ほど効果
[16:12 6/1] 企業IT
2015年の国内企業向けネットワーク機器市場の成長率は前年比5.6%増-IDC調査
[16:10 6/1] 企業IT