【インタビュー】

声優・緒方恵美 - 蔵馬から碇シンジまで、そして今を語る

 

緒方恵美

 2012年で声優生活20周年を迎えた緒方恵美。彼女の魅力について集めたマイナビニュースのアンケート(関連リンク参照)でも「中性的な声が魅力」だとして絶大な人気を誇る声優だ。彼女がこれまでどのようにキャラクターを演じてきたのか、またこれからの活動についてお話をうかがった。

未知の世界へ飛び込んだ「蔵馬」役

――まずは、「緒方さんと言えばどのキャラクターを思い浮かびますか?」というアンケートで1位になった『幽☆遊☆白書』蔵馬(くらま)について、何か印象深い思い出がありましたら教えて下さい。

緒方「私はもともと舞台をやっていた人間で、アニメをよくわからないまま業界に来てしまった最初の役が蔵馬だったので、デビュー作でもあり、思い出に残ることはたくさんあります。でも、まずは右も左もわからなくてどうすればいいのか、とまどった印象のほうが強いですね。オーディションも、実は勘違いから入りました」

――オーディションでの勘違いとは、具体的にどのようなことですか?

緒方「オーディションの応募要項に"宝塚の男役のような華のある感じの中性的な役" だと書いてあったんですね。その意味を取り違え、当時の宝塚の男役に多かった独特の喋(しゃべ)り方をイメージして演じたんです。わざとキーを低くして抑揚たっぷりな雰囲気で。でもオーディションに受かった決め手は、宝塚っぽい口調ではなく、自己紹介の時の地の声でした。この声を聞いて"探していた蔵馬だ!" と思って私に決めて下さったそうです」

――女性の声優さんが高校生以上の男性キャラを演じるというのは、初めてのことだったようですね。

緒方「そうですね。これまでに高校生の男性キャラを女性が演じたという前例がなかったようで、しかもド新人だったので、迷いや葛藤もありました。例えば舞台の上で演じるなら、しぐさやほかの要素でも男性的な部分をたくさん表現できるんですが、やっぱり声帯そのものが男性と女性では違うので、声だけでってなると、違和感が出てしまうんです」

――その違和感をどのように克服されたのでしょうか?

緒方「たまたまなんですけど、声帯を調べていただいたら、私の声帯は黒人の声帯並に長いということがわかったんです。バイオリンもそうですが弦は長いほど低音が響きますよね。でも細く短くピンと張ると高音が出る。声帯として考えると鍛えれば高音は出るんですけど、低音は生まれ持った部分が大きい。私の場合は、運良く恵まれた声帯を生まれ持ってこれたので、今からとにかく腹筋周りを鍛えて、それを支える筋力が男性並みにつけられれば、ナチュラルな男性の声が出せるかもしれないという結論になりました。蔵馬はそうやって、肉体トレーニングをして作りあげたキャラクターなんです。それに加え、当時は精神的にもだいぶ鍛えられたので、今声優として何とか生活ができているのかと(笑)。そういう意味でも、蔵馬という役に出会えたことを非常に感謝しています」

のびのびと演じることができた「セーラーウラヌス」役

――アンケートで第3位になった『美少女戦士セーラームーン』シリーズのセーラーウラヌスを演じたときの思い出をお聞かせ下さい。

緒方「蔵馬に比べるとウラヌスはやりやすかったです。男性的な魂を持っている女性ということなので、自分とも近いというか……。当時は"蔵馬よりウラヌスの声の方が低いのでは?" とよく言われたんですけど、私自身は特に低くしようという意識はしていませんでした。周りのキャストが、男性が多いか女性が多いかによって聞こえ方が違ってくるんだと思います」

――そのほかにやりやすかったと思うことはありますか?

緒方「『幽☆遊☆白書』が知らない世界に突然放り込まれたような環境だったのに対し、『セーラームーン』は前のシリーズから、各話のゲストで出る妖怪や小学生といった細かい役をやらせていただいていました。その次に1クールくらい通して登場する敵の女性キャラ(あやかしの四姉妹の長女・嵐のペッツ)を、さらに劇場版でタキシード仮面の少年時代を担当させていただきました。その後、次のシリーズから出てくる新しいセーラー戦士(セーラーウラヌス)として指名があったんです。そのため制作スタッフの方やほかのセーラー戦士の先輩たちとは1年をかけて信頼関係を築くことができたので、居心地のよい現場でしたし、とても演じやすかったですね」

――ちなみに蔵馬と比べて演じやすかったところはあるのでしょうか?

緒方「蔵馬は見た目と声は高校生なんですけど、中身が何千年も生きている妖怪という役なので、精神的に老成されています。当時の自分としてはめちゃくちゃ背伸びしている役でしたね。それに比べてウラヌスは相方(セーラーネプチューン役の勝生真沙子さん)が大変頼りになる先輩だったので、自分はのびのびやらせていただくことができました」

演技に必要なのは想像力!

――それまでの中性的な役のイメージが強いなか、『魔法騎士レイアース』のエメロード姫にはとても驚きました。

緒方「エメロード姫はご指名で役をいただいたんですけど、それまでの間にそんな役をやったことがなかったので、事務所のスタッフ陣が一番びっくりしていましたね(笑)。そんなチャレンジャーなレイアーススタッフの皆さんに感謝しています。私はデフォルメキャラやファミリーアニメが少なく、リアリティーを求められる役が多いんですけど、そういう時は、キャラクターの気持ちを自分の中に作っていって、どのような環境でどのように育った人なんだろう……という想像力を働かせます。恐らくドラマや舞台の役者さんも同様に想像していると思いますが、声の仕事の場合は"声" でしか勝負できない分、さらに想像力が必要となります。エメロード姫は特にガッツリ必要でした(笑)。想像力で補ってキャラクターの気持ちになると、自然にその声になるんです」

――想像力で自然にそのキャラクターの声が出てくるんですか!?

緒方「だって普通の人だって、特に中学生・高校生ぐらいの多感な時期の女の子は、相手によって喋り方が違うじゃないですか。お母さんに対して『なぁに~?』とか気だるそうに話していても、大好きな人には『こんにちは~☆』って高い声になりますよね(笑)。要は置かれている環境の違いです。例えばエメロード姫のようにお姫様だったら、みんなにキレイだと言われ、敬(うやま)われ、何もしなくても何でも与えてもらえる環境。自分がそういう風に育ったらどうなるんだろう?と考えます。そうすると自然に姿勢が変わるし、穏やかな感じで喋るようになるんです。自分の場合は声帯の幅が広いこともあって、高い声も問題なく出せました」

より自然体を追求できた「碇シンジ」役

――アンケートで2位だった『新世紀エヴァンゲリオン』の碇(いかり)シンジについても、リアルを追求したのでしょうか?

緒方「そうですね。例えば『ありがとうございます』という声も、舞台だとお客さんに聞こえるように声を遠くまで飛ばす必要があります。かといって叫んでいるみたいにならないよう、明快に発声するのも技術の一つです。だけどドラマや映画だと音声さんもいたりして、ゼロ距離で喋っている声をそのまま録って下さるじゃないですか。だからそんなにガッツリと声を張らなくてもいいし、張らないことで、むしろリアリティーのある芝居ができるんです。これはアニメでも通用するんじゃないかとずっと思っていたんですが、それを一番最初にやらせてくれたのが『新世紀エヴァンゲリオン』でした」

――それまでとは違った表現方法にチャレンジされたんですね。

緒方「『エヴァ』以前のアニメーションでは、マイクの前でも声を張って演じることが割と多めでした。モノローグ(キャラクターの心の声)も音量をしっかりとって喋るわけですが、それでは相手や周りの人に聞こえちゃうじゃないですか。もちろんアニメの表現として、心の内の声を音にしなければならいこと自体が不自然なんですが、ボソッと呟(つぶや)くくらいのほうがリアルに聞こえる。昔は先輩方が舞台出身の方が多かったり、アニメも大げさな表現が多い作品が多かったので張るのが倣(なら)いでしたが、作品もよりリアルなキャラが多くなっているのだから、できるんじゃないかと……。そんな時に初めて『エヴァ』で、ちゃんと聞こえなくてもいい、あなたの心のリアルで演じて下さいという指示をいただけたんです」

――そうすることで、シンジがよりリアルなキャラとして動き出したと……。

緒方「シンジのように内向的な子は、もともとそんなにハッキリ喋らないことの方が多いですよね。例えば『こ、このお茶、飲んでもいいんですか?』と言いたくても、せいぜい『こ、このお茶、飲んで(も)……』みたいになっちゃったり(笑)。それでいいと庵野監督が言って下さった。掠(かす)れても、籠(こ)もってもいいと。それでこれまでとは違う演技ができたんです。それ以降は自分自身の芝居も変わっていったように感じます」

――どんな風に変わっていったのでしょうか?

緒方「最初に演じた蔵馬では、常に凛(りん)とした感じの一定のテンションで喋っているところがあったのですが、例えば『カードキャプターさくら』の月城雪兎(つきしろゆきと)役なら、優しい人だから別に声を張る必要はない。自然に掠れるなら掠れたままにしてみようと。それを、音響監督の三間さんもヨシとして下さった。それ以降は、どんどん自然になっていったような気がします」

緒方恵美さんが今後やってみたいこと

――声優生活20周年を迎えられましたが、今後演じてみたいキャラや、挑戦してみたいことはありますか?

緒方「自分の役柄については問いませんが、とにかく受け取ってくれる方が元気になれるようなモノを出してゆきたい、創ってゆきたいと思っています。芝居に限らず、何でも。そもそも役者になろうと思ったのは、自分の言葉を持たなかったからなんです。何かを新しく生み出すっていうのは、自分の中から自分の言葉を見つけ出していく作業じゃないですか。でも私はあんまり語りたい自分がいなかったんですよね。だから誰かの手を借りて、その言葉に気持ちを乗せる仕事を選んだんですが、この仕事についた当初は、芝居以外のことが苦手でした。特にラジオが……。役として話すのは、どんなアドリブでも対応できるんですけど、自分自身から言葉を発するのは苦手だったんです」

――喋れなかっただなんて、すごく意外ですね!

緒方「この仕事をすることで、しかもいきなり人気のキャラクターをやらせていただいたおかげで、大変鍛えられました(笑)。ラジオのトークをしたり、インタビューにも答える。さらにコラムを書いたりもする。どんな仕事でもそうですが、その仕事を突き詰めていくと、人とコミュニケーションをとらなきゃいけないんですよね。私の場合は言葉でインフォメーションする機会が多い仕事なので、次第に言葉を使う場所が増えていって、だんだん自分の想いを、言葉に紡(つむ)げるようになりました。それでわかっちゃったんです。私が一番やりたいのは、シンプルに『人を元気にさせたい』ってことだけだって。だから、芝居でも歌でもトークでも、例えば表に出る仕事じゃなくてもいい。今後はとにかく、私の中にあるすべて使って、受け取ってくれる人に元気になってもらえるような仕事をしてゆきたいと思っています」

アルバム『Rebuild(リビルド)』に秘められた想い

――今年1月にリリースされた『Rebuild』も元気になる曲ばかりですね。

緒方「"rebuild" という言葉は、1回なくなってしまったと思ったものを再構築するという意味。捨てるのでもなくリメイクでもなく、リビルド。壊れてしまったものでも、もう1度組み立て直せる、何度でも立て直せるよという歌を作ったんです。それがゲームの主題歌になって、曲を配信していただいたんですが、その直後に震災が起きたんです。そうしたら被災地の方々から『"リビルド" するという言葉に励まされた、ぜひCDにしてほしい』という声をたくさんいただいて。それで作ったアルバムが『Rebuild』。だから全部応援歌にしようと思いました。引っ張り上げるような力はないけれど、前に進むためのちょっとした力になれたらいいな、と。ライブもそうだし、自分で作る音楽も、紡ぐ言葉も、今後はすべてそういう方向にしたいなと思っています」

元気のない時こそ緒方恵美パワーを!

――6月17日公演予定のBirthday Liveですが、なぜアニソンを選んだのでしょうか?

緒方「人を元気にするためには、手段を選びません!(笑)。アニソンってエネルギーが湧くじゃないですか。20周年の誕生日ライブなので、お世話になった作品に対しての愛情をいっぱい詰め込んだライブにしようと思っていました。その日程が決定したあとに、なんとNHK-FMの『今日は一日"アニソン" 三昧Z!』への出演が決まって(笑)。生放送のパーソナリティーを16時間やった翌日に、カバーライブを後夜祭みたいな気持ちで行うことになりました!」

――とてもハードなスケジュールですが、ファンにはたまらないイベントですね!

緒方「はい(笑)。これからもいろんな人が元気になれるようなモノを創ってゆけるよう、頑張ります。芝居や歌やラジオもですが、Twitterのちょっとした呟きからでも、1人でも元気になったり、くだらなすぎて笑ったりしてくれたらいいなと(笑)。もちろんナマでお目にかかれるライブやイベントなら、更なる元気をお届けしますが!(笑)。普段は忘れててもいいので、さみしくなったり、元気が欲しくなったりした人は、会いに来て下さい。おいでおいで♪ ……ってフランクすぎ? でももういいトシだからいっか(笑)。おいでおいで♪(笑)。これからも、いのちある限り頑張ります。よろしくお願いします!」


【緒方恵美information】

◆緒方恵美Birthday Live「勝手にアニソン後夜祭!」
2012年6月17日(日)15:30開場/16:00開演
全曲カバー予定の『新世紀エヴァンゲリオン』を始め、『幽☆遊☆白書』から『Angel Beats!』『たまゆら』まで、声優生活20周年の誕生月に、作品への愛と感謝を込めたアニソンカバーライブを開催
【チケット発売】
前売り券:即日完売 ※当日券あり。詳しくは公式サイトをご確認ください。

◆3年ぶりのオリジナルアルバム『Rebuild』
PSPソフト『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の主題歌「再生―rebuild―」ほか、全11曲を収録した3年ぶりのオリジナルアルバム、発売中

◆出演情報 ・NHK-FM『今日は一日"アニソン" 三昧Z!』パーソナリティーとして出演
【MC】緒方恵美、藤崎弘士(NHKアナウンサー)【スペシャルMC】水木一郎
2012年6月16日(土)9:00~25:00放送予定
・PSPソフト『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』2012年7月26日発売予定:狛枝凪斗役
・TVアニメ『恋と選挙とチョコレート』2012年7月放送開始予定:夢島朧役
┗恋チョコラジオ『緒方恵美のショッケン乱YO!!』4月27日(金)~毎週金曜日配信中
・映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q』2012年秋公開予定:碇シンジ役

◆緒方恵美オフィシャルサイトはコチラ⇒ http://emou.seesaa.net/

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

渡辺麻友、AKB演技バトル1位に喜び爆発「心臓止まった!うそ!?うれしい!!」
[02:00 9/29] エンタメ
声優・山崎エリイ、ソロデビュー曲「全部キミのせいだ」のMVを公開
[01:06 9/29] ホビー
『バンドやろうぜ!』、10/11配信開始予定! ゲーム紹介PVを公開
[00:27 9/29] ホビー
[ロロッロ]「みつどもえ」作者の新作 チャンピオンで連載開始
[00:00 9/29] ホビー
[あつまれ!ふしぎ研究部]「侵略!イカ娘」作者の新作 チャンピオンで連載開始
[00:00 9/29] ホビー

本音ランキング