【ハウツー】

Office 365体験記 - 社内Active DirectoryとOffice 365の同期

1 ユーザー情報の管理方法

  • <<
  • <

1/3


本企画ではこれまで、Office 365で割り振られるユーザーID/パスワードを使って、各種サービスを試してきた。しかし、Office 365では社内に設置されている Active Directory(AD)をそのまま使用する仕組みも提供されている。

第1回で説明したとおり、マイナビ商事では社内サーバーのADを使用してユーザーを管理している。この情報をOffice 365と連携させることでADのユーザーID/パスワードを使用したシングルサインオンを実現することが可能だ。

本企画の最後のテーマとして、この社内ADとのシングルサインオンを選び、今回から2回にわたって解説していこう。前編となる今回は、Office 365とActive Directoryを連携させるための仕組みである「ディレクトリ同期」について見ていく。

これまでのOffice 365体験記はこちら

  1. 【ハウツー】Office 365体験記 - 請求書払いも可能! 契約プラン紹介と体験版の利用法
  2. 【ハウツー】Office 365体験記 - PowerShellの一括設定も! ドメイン設定とユーザー管理
  3. 【ハウツー】Office 365体験記 - フィルター、アーカイブ…、Exchange Onlineの管理
  4. 【ハウツー】Office 365体験記 - チャットとの統合も! ユーザー視点のExchange Online
  5. 【ハウツー】Office 365体験記 - 文書管理/情報共有も楽々! SharePoint Online管理機能
  6. 【ハウツー】Office 365体験記 - Wordの同時編集も! SharePoint Onlineユーザー機能
  7. 【ハウツー】Office 365体験記 - "ブラウザー+共同編集"で営業革新!? Office Web Apps
  8. 【ハウツー】Office 365体験記 - 社外とのWeb会議も楽々! Lync Onlineの管理/設定法
  9. 【ハウツー】Office 365体験記 - デスクトップ共有も可能! Lync Onlineの魅力を探る
  10. 【ハウツー】Office 365体験記 - 社外ユーザーとコミュニケーションするための環境設定

ユーザー情報の管理方法

Office 365 のユーザーIDには2種類あり、管理方法によって必要となるサーバーが異なる。

表1 : ユーザー情報管理の方法

IDの種類 ユーザー ID パスワード 必要となるサーバー
クラウドID Office 365で管理 Office 365で管理 なし
Active Directoryで管理 Office 365で管理 Active Directory(AD)
ディレクトリ同期サーバー
フェデレーションID Active Directoryで管理 Active Directory で管理 Active Directory(AD)
ディレクトリ同期サーバー
Active Directory Federation Services(AD FS)
Active Directory Federation Services Proxy(AD FS Proxy)

例えば、ADのユーザーID、パスワードによるシングルサインオンは使用せず、ADからはユーザー情報のみを連携し、パスワードはOffice 365で個別管理する場合には、「ディレクトリ同期サーバー(Active Directory と Office 365 のユーザーIDを同期するためのサービスをインストールしたサーバー)」を構築すればユーザー情報を連携することが可能である。

これに対し、ADのユーザーID、パスワードを使用したシングルサインオンを実現するためには、「ディレクトリ同期サーバー」の他に、「AD FS」「AD FS Proxy」が必要になる。こちらは必要となるサーバーの台数も多くなるため、ADと連携する際にはどのようにユーザーにログオンさせるかを事前に検討しておきたい。



  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ユーザー情報の管理方法
(2) シングルサインオンするためのユーザーIDの準備と便利ツール
(3) 同期したユーザーの情報変更はADで実施


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事