【レポート】

「TOYOTA SOCIAL APP AWARD」受賞作品から"クルマを楽しむアプリ"順次公開

トヨタマーケティングジャパンは25日、「TOYOTA SOCIAL APP AWARD(トヨタ ソーシャルアプリアウォード)」で募集したアイデアから3タイトルを開発し、順次サービスを開始すると発表した。同日より、『開運パワーロード(iPhone)』『OKINAWA DRIVE LABEL(Android / iPhone)』を公開し、5月以降に1タイトルを公開する予定。トヨタ自動車の公式アプリとして無料で提供するという。

写真左から、『OKINAWA DRIVE LABEL』を考案した田中美由紀氏、アプリの開発プロデューサーを務めるトヨタマーケティングジャパンの喜馬克治氏、『開運パワーロード』を考案した嶋野裕介氏、馬場俊輔氏、小柳祐介氏

「TOYOTA SOCIAL APP AWARD」は、「SAVE THE CAR(日本の新しい才能でクルマを救ってください)」のキャンペーンスローガンの下、2011年2月3日から5月13日まで、PC部門、スマートフォン部門、モバイル部門でアプリのアイデアを募集した。アイデアのみの審査で、開発は優秀作品を決定した後となる。応募総数は1,255件で、中学生から80代まで幅広い参加者がいたという。応募作品の中から3タイトルがグランプリに選ばれ、ゴールド認定されたアプリは8作品。採用されたアイデアを元に、応募者も参加した開発チームによってアプリを制作した。

公開したタイトル『開運パワーロード』と『OKINAWA DRIVE LABEL』。どちらも無料で、サービス期間は4月25日~10月31日(予定)

 運気の良い方角へ走ろう『開運パワーロード』

『開運パワーロード』(iPhone版)は、運気がアップするドライブルートを教えるアプリ。生年月日を入力すると、そのときの星の位置をもとに運気がアップする「パワー方位」を表示する。地図はGoogleマップを使用しており、パワー方位が網かけ表示となる。Googleマップの検索機能で神社や自然豊かな場所などを表示し、目的地を指定するとドライブルートが表示される。

ドライブを楽しみ、目的地に到達すると、「開運メッセージ」をゲットできる。メッセージは47パターンあり、集めて楽しんでほしいとのこと。また、Facebookの友達データを使って、「運気をアップするパワーフレンド」を探す機能や、ふたりで出かけるとき、相手の生年月日から最適なパワー方位を占う機能もある。これらの「パワー方位」は占星学・タロット占い師のステラ薫子氏の監修の下、フォーチュン・ラボ社の占いエンジン「STARエンジン」をAPIとして採用しているという。

同作品はグランプリ受賞作で、アイデア応募者は電通クリエーティブ局勤務の嶋野裕介氏、馬場俊輔氏、大津裕基氏、小柳祐介氏。アプリ開発は面白法人カヤック / フォーチュン・ラボ / たき工房が担当した。このアプリのアイデアについて、嶋野氏は、「カーナビは目的地までの最短ルートを教えてくれる。でもドライブの楽しみには、未知の場所ヘ行き、偶然の出会いがあるなど冒険の要素もある。最短距離ではなく、最も運気の良いルートを選んでくれるアプリを考えた」と語った。

『開運パワーロード』アプリ画面イメージ

沖縄音楽136タイトルを収録した『OKINAWA DRIVE LABEL』

『OKINAWA DRIVE LABEL』(Android版 / iPhone版)は、沖縄のドライブを楽しむために、沖縄の音楽だけを集めたアプリ。沖縄のおすすめスポットと、そのスポットに関連づけた沖縄の民謡・内地未公開の沖縄インディーズ曲の情報を収録している。曲データは136曲(4月25日現在)で、無料でストリーミング配信されるしくみ。メインキャラクターの「DJゴーヤ」がアプリのガイド役となる。

おもな機能は「DJ SELECT」で、あらかじめ沖縄のおすすめのドライブコースに合わせ、経由地のおすすめ曲をプレイリストとして提供する。1プレイリストにつき9曲を収録し、現在は10プレイリストが登録済みで、今後も追加していくという。

「MUSIC LIST」は沖縄にいなくても楽しめる沖縄音楽集。初期リリース時の136曲をフルコーラスで楽しめるほか、5月以降は毎週1曲以上が追加される予定。演奏時は「MUSIC PLAYER」画面に変わり、曲名の由来、アーティスト情報や沖縄の歴史などを紹介する。

そのときの気分や、聴きたい場所に合わせた曲をDJゴーヤにリクエストする機能もある。DJゴーヤがリクエストに近い曲を選ぶと、ニュース配信などで通知されるという。ニュース配信では、沖縄ドライブを楽しむ旬なイベントやライブ情報を週に3本以上更新する予定だ。

その他、沖縄ドライブで撮影した作品を投稿したり、スライドショーで表示しながら音楽を楽しむ機能がある。こちらはオンラインアルバムサイトと連携し、協力者から集めた179枚が用意されている。自ら楽曲リストや写真リストをつくる機能や、楽曲と写真について、TwitterやFacebookで紹介する機能、アプリユーザー同士でコメントを投稿して交流する機能もある。

『OKINAWA DRIVE LABEL』アプリ画面イメージ

同作品はゴールド認定タイトル8本のひとつで、アイデア応募者は田中美由紀氏。アプリ開発と企画プランニング、宣伝プロモーションはNHN Japan プランニング2チームの皆川貴征氏、溝口達洋氏、田中美由紀氏。システム開発はモンスター・ラボの稲村創氏。音楽楽曲はバリプロの柴田一郎氏とサンアンドフィッシュレコーズの和田維純氏が協力した。

このアプリのアイデアについて、「沖縄とドライブの相性に注目した」と田中氏は言う。沖縄には年間500万人の観光客が訪れ、その8割以上がレンタカーを利用する。また、沖縄に住む人も移動手段の86%がクルマであり、2台以上所有する家庭も多い。そこで「クルマに依存した地域の人のために、クルマ時間を良くするためのソーシャルアプリを作ろう!」と考えたとのこと。

『OKINAWA DRIVE LABEL』の公開を記念して、石垣島の姉妹デュオ「ma-yun」が登場。アプリ起動時に流れる『ずっと咲いてて』を披露した

関連サイト
TOYOTA SOCIAL APP AWARD 公式サポートウェブ
『OKINAWA DRIVE LABEL』「iPhone」
『OKINAWA DRIVE LABEL』「Android」
『OKINAWA DRIVE LABEL』「facebook」
『開運パワーロード』「iPhone」
『開運パワーロード』紹介ムービー

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事