【ハウツー】

Office 365体験記 - 社外とのWeb会議も楽々! Lync Onlineの管理/設定法

1 企業独自のドメイン名を使う

  • <<
  • <

1/4


本企画では、Office 365に含まれる各サービスを実際に触れながら紹介している。これまで、Office 365の契約方方法や基本設定、「Exchange Online」、「SharePoint Online」、「Office Web Apps」を取り上げてきた。今回からは、業務効率化に大いに貢献する隠れた便利ツール「Lync Online」を取り上げてみたい。

Lync Onlineは、インスタントメッセージやWeb会議を実現するためのサービスだ。社員同士のコミュニケーションを円滑化するうえで非常に有効である。特に重宝するのがインスタントメッセンジャーなのだが、単にメッセージを送受信するだけでなく、ちょっとした便利機能も搭載されている。また、社内のみならず、社外の関係者とコミュニケーションできるようにすることも可能だ。

今回は、このLync Onlineの管理者向け機能を紹介していきたい。

これまでのOffice 365体験記はこちら

  1. 【ハウツー】Office 365体験記 - 請求書払いも可能! 契約プラン紹介と体験版の利用法
  2. 【ハウツー】Office 365体験記 - PowerShellの一括設定も! ドメイン設定とユーザー管理
  3. 【ハウツー】Office 365体験記 - フィルター、アーカイブ…、Exchange Onlineの管理
  4. 【ハウツー】Office 365体験記 - チャットとの統合も! ユーザー視点のExchange Online
  5. 【ハウツー】Office 365体験記 - 文書管理/情報共有も楽々! SharePoint Online管理機能
  6. 【ハウツー】Office 365体験記 - Wordの同時編集も! SharePoint Onlineユーザー機能
  7. 【ハウツー】Office 365体験記 - "ブラウザー+共同編集"で営業革新!? Office Web Apps

企業独自のドメイン名をLync Onlineに適用

Lync Onlineは、関係者との確認を即時に行える、非常に便利なツールである。適切に利用すれば、確認に要する時間を確実に短縮できるので、マイナビ商事でも全社員に対して展開することにしよう。

まずは、ドメインの設定である。

Exchange Online/SharePoint Onlineと同様にLync Onlineでも企業独自のドメイン名を使用することができる。その際に登録が必要なDNSのレコードはポータルから確認可能だ。



図1 : Lync Onlineで独自のドメインを使用する際に登録するDNSのレコード

Exchange Online/SharePoint Onlineを企業独自のドメインで使用する際には「TXTレコード」「CNAMEレコード」「MXレコード」を使用していたが、Lync Onlineでは「SRVレコード」という種類のレコードを登録する必要があり、このレコードの登録を行わないと動作しない機能があるので注意しておきたい。

なお、DNSホスティングサービスによってはSRVレコードの登録をサポートしていない場合があるので、Lync Onlineを使用する際には事前に確認をしておきたい。Office 365のWebサイトにDNSホスティングサービスの比較情報が公開されているのでこの情報を確認しておくのも良いだろう。



  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 企業独自のドメイン名を使う
(2) クライアント設定の一括展開
(3) 組織外のLync Online利用者との通信
(4) 移動中にインスタントメッセージの着信も


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事