【レビュー】

"新しいiPad"徹底レビュー 第2回 - Retina対応or非対応? アプリの互換性を考える

 

マイナビニュースの姉妹サイト「iPad iPhone Wire」の協力のもとお届けする、海上忍さんによる新型iPadの詳細レビュー。第2回は、新型iPadの最大の魅力である「Retinaディスプレイ」に注目しています。アプリが新型iPadのRetinaディスプレイにどう対応するか、iPhoneなど他のiOSデバイスとの互換性と合わせて考察しています。

※本記事は、2012年3月16日にiPad iPhone Wireに掲載された記事の転載です。第1回「Retina Displayを実現させた「A5X」の実力」もあわせてお読みください。

iOSアプリの現状を整理する

新iPadの発売に先だってリリースされた『iPhoto』。もちろん新iPadに最適化された「Retinaレディ」なアプリだ

これまでiOSアプリは「iPhone用」と「iPad用」、「iPhone/iPad両用(ユニバーサル)」の3タイプが提供されてきた。そこに新iPad向けに最適化された「Retina対応型」が加わったため、アプリの互換性は少々ややこしい状況となっている。ここでは、新iPadでの動作を念頭にアプリの互換性を説明してみよう。

まず初代iPadでは、OSのバージョンによる動作条件が設定されたものを除き、大部分のiOSアプリが動作した。大部分とは、「iPhone用」とあるがiPadについては明記されていないアプリでも、iPadではかなりの確率で動作した、という意味だ。これは、App Storeの審査基準にあるのだから当然といえる。

実際のところ、たとえばGPSやカメラを利用しようとするなどiPadにない機能にアクセスを試みるアプリは、インストールできても異常終了することがあるが、大部分はiPhoneの画面サイズのまま起動できる。

そしてiPadには、iPad専用のアプリが存在する。解像度がiPhone 3Gより高いうえ、画面のアスペクト比が異なるため、インターフェイスを別に設計しなければならないことがその大きな理由だ。ディスプレイ面積が限られるiPhoneは、アプリ開発において表示内容や機能を絞り込む傾向があるが、画面が大きいiPadでは適度な量のコンテンツをどう見せるかという点が重要になる。デバイスとしての性格の違いもあるだろう。

App Storeのアプリアイコン近くに「+」が表示されていれば、ユニバーサルアプリとわかる。ただし、それがRetinaディスプレイに対応済みかどうかはわからない

ユニバーサルアプリは、そのような相違点を乗り越えて使えるよう設計/開発されたアプリだ。iPhoneとiPadのどちらで起動してもフル解像度で表示でき、2倍表示する必要はない。App Storeでアプリのアイコン近くに「+」と表示されているものが、そのユニバーサルアプリだ。


「Retina対応」が意味すること

これまで「iPhone用アプリ(2倍表示で対応)」と「iPad専用アプリ」、「ユニバーサルアプリ」によりアプリ環境を構築していたiPadだが、新iPadで新たな要素が加わった。それが「Retina対応」だ。

Retina対応していないiPad用アプリ(iPad専用/ユニバーサル)は、新iPadでも動作するが、Retinaディスプレイの特性を十分に発揮できない。iOS 5.1およびiPad用/ユニバーサルと明記されていれば、新iPadでも動作はするが、いくつかの問題があるのだ。ここでは、ユニバーサルアプリの『Remote』(iTunesライブラリにアクセス可能なオーディオアプリ)を例に説明してみよう。

まず、ボタン類や画像が粗くなる。iPad/iPad 2の解像度にあわせて設計されているため、新iPadではジャギー(斜め線などに生じる階段状のギザギザ)が発生してしまうのだ。『Remote』の場合、再生/停止ボタンやアルバムアートワークにジャギーを確認できた。一方、文字/フォントは新iPadの解像度にあわせてレンダリングされるのでジャギーはなく、アンバランスに感じられた。

『Remote』をRetina対応のバージョン2.3にアップデートすると、画面の印象は大きく変わった。まるで"ひと皮むけた"ようにボタン類や画像が鮮明になり、ジャギーらしきものは確認できない。アルバムアートワークも、アップデート前より高画質だ。

Retina対応前後の『Remote』。バージョンアップ後はコントロール部にジャギーが見られなくなった

ぼやけていたアルバムアートワークも、Retina対応の新バージョンでは鮮明に表示された

iPadの得意分野である「電子ブック」も、新iPadの登場に影響を受けるかもしれない。すでにAmazonは『Kindle』アプリをアップデートした

アプリベンダーの対応はまちまちだ。新iPad発表イベントのデモに使われた『Sky Gamblers: Air Supremacy』のように、いくつかのゲーム開発企業は率先してRetina対応を進めている。早速Amazonが『Kindle』をアップデートしたように、電子ブックリーダーも今後Retina対応が進むのだろう。一方では、前述したようにiPhoneとはアプリ開発プロセスが異なるからか、Retina対応だけのためにアップデートするコストを嫌ってか、動きを見せないベンダーも多い。Retinaディスプレイは、新iPadならではのエクスペリエンスに欠かせない要素であるだけに、いちエンドユーザとしては早期の対応に期待したい。


■デバイス別のアプリ互換性
iPhone iPad/iPad 2 新iPad
iPhone △(2x) △(2x)
ユニバーサル(+) △→○?
iPad ×
iPad(Retina) ×

(提供:iPad iPhone Wire)

関連記事
【レビュー】"新しいiPad"徹底レビュー 第1回 - Retina Displayを実現させた「A5X」の実力(2012年3月22日)
【レポート】「この革新はAppleだけ」- 自信に満ちあふれた新iPad発表会(2012年3月8日)
【レポート】"新しいiPad"発売 - アップルストア銀座には約450人の列、先頭の男性は37時間待ち!(2012年3月16日)
新しいiPad、早くも300万台突破(2012年3月20日)
新しいiPadに対応したアプリ続々 - Kindle、Evernoteなど(2012年3月16日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

阿川佐和子『ぶっちゃけ寺』レギュラー加入 - 太田光「相変わらずダメダメ」
[05:00 9/30] エンタメ
[桐谷健太]CMで“再び”熱唱 スーツ姿で拳突き上げ…
[04:00 9/30] エンタメ
[加藤綾子]CMで“すっぴん”を披露 「気持ちよすぎる」
[04:00 9/30] エンタメ
テーマは"選りすぐりの食"! 「世界のビールとワインまつり」を味わいつくせ
[04:00 9/30] 趣味
世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味