【レビュー】

"新しいiPad"徹底レビュー 第1回 - Retina Displayを実現させた「A5X」の実力

 

2012年3月16日、第3世代のiPad――アップルの言い方にならえば、"新しいiPad"――がいよいよ発売となった。マイナビニュースでは、姉妹サイトであるiPad iPhone Wireの協力のもと、海上忍氏による新型iPadの詳細レビューを、これから数回にわたってお届けする。今回、海上氏が最初にチェックしたのは、「Retina Display」をドライブするGPU/CPUの性能だ。

※本記事は、2012年3月16日にiPad iPhone Wireに掲載された記事の転載です。

新型iPadのハードウェアスペック

実物の新iPadを目にすると、見慣れたはずのホーム画面も違って見えてくる

新型iPadの見所が「Retina Display」にあることは間違いない。264ppiという高い解像度を誇る画面は、いちど見慣れてしまうと以前の環境に戻れないほど。Webページにせよ写真にせよ、9.7インチの画面に描かれる緻密な世界は圧倒的な説得力を持つ。

一方で、「負荷」という言葉も頭をよぎる。iPad 2の1024×768ピクセル(約79万画素)に対し、新型iPadは2048×1536ピクセル(約314万画素)と、画素数は4倍に増加した。それだけの情報量をパフォーマンスを落とさず描ききるには、パワフルなGPUとCPUが欠かせない。


AppleのWebサイトには、CPUは「A5X」、GPUは「クアッドコアグラフィクス」と掲載されている

慣例どおり、新型iPadのハードウェアスペックの詳細は明らかにされていないが、iOSアプリ『System Status』を使えばある程度は調査可能だ。そこから抜粋した情報を歴代モデルごとにまとめたものが表1で、これを見れば新型iPadのスペックがおよそ把握できる。

システム情報を表示するアプリ「System Status」を利用し、CPUなどのハードウェア情報を収集した

表1:新旧iPadとiPhone 4Sのスペック比較
新型iPad iPad 2 初代iPad iPhone 4S
CPU ARM Cotex-A9 Apple A5X ARM Cotex-A9 Apple A5 ARM Cortex-A8 Apple A4 ARM Cotex-A9 Apple A5
CPUクロック 1.0GHz 1.0GHz 1.0GHz 800MHz
CPUコア数 2 2 1 2
L1キャッシュ 32KB 32KB 32KB 32KB
L1Dキャッシュ 32KB 32KB 32KB 32KB
L2キャッシュ 1,024KB 1,024KB 512KB 1,024KB
BUS Frequency 250MHz 250MHz 100MHz 200MHz
メモリ 988MB 502MB 247MB 505MB
GPU PowerVR SGX 543MP4(?) PowerVR SGX 543MP2 PowerVR SGX 535 PowerVR SGX 543MP2
GPUコア数 4 2 1 2

なお、アプリに新型iPadの情報が反映されていないためか、『System Status』の情報の一部にはAppleの発表内容との食い違いが見られる。具体的には、Appleが「省電力デュアルコアApple A5X SoC」と発表しているCPUは「ARM Cotex-A9 Apple A5」と認識され、「クアッドコアグラフィックス」と表現しているGPUはiPad 2と同じ「PowerVR SGX 543MP2」が検出されている。

『System Status』の結果ではっきりiPad 2との差が現れているのは、約1GBに倍増されたメモリ容量のみだ。「CPU(コア)に関して変更はない」というAppleの発表を裏付けるように、CPUクロック数(1GB)とL2キャッシュ(1024KB)、バスクロック数(250MHz)は同じ値が検出されており、演算など一般的な処理について新iPadとのパフォーマンス差は小さいものと予想される。

新型iPadのベンチマークを測定

新型iPadのベンチマーク測定には、iOSアプリ『Geekbench 2』と『GLBenchmark』を利用した。いずれも最新バージョンを使用したが、発売直後というタイミングもあり、新型iPad対応とは明記されていないことを付け加えておく。

Geekbench 2

演算能力などコンピュータとしての性能を測定するベンチマークアプリ『Geekbench 2』

演算能力などコンピュータとしての性能を測る『Geekbench 2』は、予想どおり新型iPadとiPad 2が僅差という結果に終わった。Memory項目のパフォーマンスは、新型iPadが若干上回ったものの、他の項目は同水準と言っていい。一般的なアプリに要求される演算や入出力などCPUの性能に左右される機能は、新型iPadとiPad 2とで大きな差は生じないだろう。


表2:Geekbench 2.2.7
新型iPad iPad 2 初代iPad iPhone 4S
Integer 688 690 334 551
Floating Point 919 918 428 730
Memory 843 828 714 740
Stream 336 341 340 294
TOTAL 764 762 443 625

GLBenchmark

OpenGL ES 2.x準拠の3Dグラフィック描画能力を測定する『GLBenchmark』

3Dグラフィック性能を測る『GLBenchmark』では、iPad 2との違いがはっきりと現れた。画素数が4倍に増えているにもかかわらず、2つ実行したテストのスコアは若干ながら新型iPadが上回った。どちらのテストもフレームレートは60fpsをマークしたことからも、約310万画素を高速にハンドリングできるGPUパワーを備えているようだ。今後は、新型iPadの緻密な描画能力に着目したさまざまなアプリ、具体的には3Dアクションゲームやフォトレタッチといった視覚に訴えるアプリが増えていくのかもしれない。


表3:GLBenchmark 2.1.2
新型iPad iPad 2 初代iPad iPhone 4S
Egypt / standard 6,768(60fps) 6,642(58.8fps) 1,408(12fps) 6,680(59fps)
Pro / standard 2,975(60fps) 2,944(58.9fps) 1,017(20fps) 2,964(59fps)

(提供:iPad iPhone Wire)

関連記事
【レポート】「この革新はAppleだけ」- 自信に満ちあふれた新iPad発表会(2012年3月8日)
【レポート】"新しいiPad"発売 - アップルストア銀座には約450人の列、先頭の男性は37時間待ち!(2012年3月16日)
新しいiPad、早くも300万台突破(2012年3月20日)
新しいiPadに対応したアプリ続々 - Kindle、Evernoteなど(2012年3月16日)
「iPad 3は巨大なバッテリー」- iFixitが新しいiPadを分解(2012年3月16日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

35万円を超える10.1型Let'snote20周年モデルにその価値はあるか? - 第3回 RZとパフォーマンス
[06:00 8/24] パソコン
『つるピカハゲ丸』の漫画家・のむらしんぼ、壮大なしくじり体験を告白
[06:00 8/24] エンタメ
尾野真千子、本格サスペンスで濡れ場にも挑戦「大変がほとんどでした(笑)」
[06:00 8/24] エンタメ
仲代達矢、玉木宏と初共演に「大変緊張」 - 永田町のドン役で対峙
[06:00 8/24] エンタメ
残念OLはキラキラ妄想がお好き 第51回 自信持っていいかな!?
[06:00 8/24] ライフスタイル