【レポート】

「スティーブの思いが込められた作品」 - ソフトバンク孫社長が新型iPadをアピール

1 新型iPadの仕様を確認

  • <<
  • <

1/2

アップルの新型タブレット「iPad」の販売が16日、開始された。パフォーマンスの向上や高速ネットワークへの対応、液晶の解像度向上などの高機能化を果たし、さらに使い勝手がよくなった。ソフトバンクショップ銀座では、孫正義社長が登場する発売記念イベントも実施され、孫社長は、新しいiPadが「スティーブ(・ジョブズ、前アップルCEO)の思いが込められた作品」とアピールした。

開店前のソフトバンクショップ銀座の店頭。カバーで覆われ、店舗内が伺えないようになっていた

発売イベントには、孫社長に加え、TVCMにも出演しているタレントのトリンドル玲奈さんが登場

新しいiPadは、液晶サイズは9.7インチで従来と同等ながら、解像度を2,048×1,536ピクセルと高解像度化。ピクセル数は前モデル比で4倍となり、iPhone 4Sと同じくRetinaディスプレイとしてアピールされている。デュアルコアCPUに加えて、グラフィックスをクアッドコア化してパフォーマンスを向上させた。サイズはわずかに厚く、重くなったが、バッテリ容量を増やしたことで、iPad 2並みの10時間駆動を実現した。

発売を前に、新しいiPadをアピールする孫社長。動画撮影機能を紹介するために、トリンドル玲奈さんを撮影

次世代高速通信のLTEもサポート。日本国内では現段階では利用できないが、米国ではLTEを使った高速通信が可能。ソフトバンクでは、新たに割り当てられた900MHz帯を使って、7月25日からHSPA+の通信サービスを提供。新しいiPadも対応しており、下り最大21Mbpsでの通信が可能になる。

午前8時のカウントダウンにあわせ、店頭のカバーが外され、新しいiPadのディスプレイが現れた

一人目のお客に製品を手渡し、握手をする孫社長

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 新型iPadの仕様を確認
(2) 孫社長とスティーブ・ジョブズとのエピソードを紹介
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事