【ハウツー】

Office 365体験記 - PowerShellの一括設定も! ドメイン設定とユーザー管理

1 管理インタフェースは2種類 - ポータルとPowerShell

  • <<
  • <

1/3


前回は、本企画で想定する利用シーンを紹介する目的で「マイナビ商事」という仮想企業を作り、その概要に触れたうえで、Office 365の契約方法や無料試用版の利用可能範囲について説明した。

それに続く今回は、Office 365の導入準備作業を進める。具体的には、独自ドメインの設定、ユーザー管理、ライセンスの割り当てといった、Office 365を使用する際に必要になる管理項目の設定内容について見ていきたい。

これまでのOffice 365体験記はこちら

  1. 【レポート】Office 365体験記 - 請求書払いも可能! 契約プラン紹介と体験版の利用法

管理インタフェースは2種類 - ポータルとPowerShell

Office 365 の管理には以下の2種類の方法がある。

  • ポータルを使用した管理
  • PowerShellを使用した管理

Office 365では、ポータル が提供されており、ユーザー管理、ライセンス付与のような管理作業を行うことが可能である。利用開始直後はサインアップの情報入力時に指定したユーザーが管理者として登録されており、ポータルにアクセスをすると管理者用のメニューが表示される。

図1 : Office 365のポータル画面

PowerShellによる管理方法 も提供されており、Office 365用のコマンドレットを使用し、コマンドベースで管理をすることも可能である。一括で操作をしたい場合にはポータルで操作するよりPowerShellを使用した管理の方が適している。

一部の操作(例:パスワードを無期限にする)に関してはポータルからはできず、PowerShellからのみ可能となっているため、マイナビ商事のシステム管理者にはPowerShellで管理できる環境を用意しておくことにした。ただし、ポータルでも基本的な管理はひととおり行えるため、以降は操作が容易なポータルを利用した管理方法をご覧いただこう。



企業独自のドメイン名を設定してみる

Office 365では、デフォルトで「<新しいドメイン名>.onmicrosoft.com」というドメイン名が用意されている。しかし個人ではなく企業で利用する場合は、企業が保有している独自のドメイン名を使用するケースが大半であろう。

マイナビ商事では企業独自のドメイン名を持っているため、Office 365で企業独自のドメイン名を使用するための方法確認してみたい。

サブスクリプションに設定されているドメイン名を確認するには、ポータルで「管理」→「ドメイン」を選べばよい。利用開始直後は、「<新しいドメイン名>.onmicrosoft.com」のドメインのみが登録された状態となっている。

図2 : ドメイン設定画面

「ドメインの追加」をクリックすることで企業独自のドメイン名を設定することができる。

図3 : 企業独自ドメインの設定画面

独自のドメインを追加する際には、企業のドメインを公開しているDNSにTXTレコードを追加し、ドメインを所有していることを確認 できるようにする必要がある。追加するレコードは画面内に表示されているプルダウンから「(選択してください以外)」を選ぶことで確認することができる。

図4 : 追加するレコードの確認画面

DNSへのレコードの追加が完了したらコマンドプロンプトなどからnslookupコマンド等を実行してDNSにTXTレコードが正常に登録されていることを確認するとよいだろう。

図5 : nslookupコマンドの実行

設定が完了したら「確認」をクリックし、状態に「確認済み」と表示されれば企業独自のドメイン名を使用すること可能となる。

図6 : 設定完了後の画面

ドメインの登録が完了すると、ポータルに表示されている会社名をクリックし表示される「会社情報の編集」から登録したドメインをプライマリドメインとして変更することが可能となる。ポータルからユーザーを新規作成する際に追加したドメイン名がデフォルトで選択されている状態にしたい場合は変更しておくとよさそうだ。

図7 : 会社情報の入力画面。追加したドメインも表示されている



  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 管理インタフェースは2種類 - ポータルとPowerShell
(2) Office 365を利用するユーザーの登録
(3) サポートの形態とOffice 365の稼働状況の確認


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事