【ハウツー】

炊飯器でつくるチャーシューが簡単すぎ、しかもおいしい!

 

炊飯器を使えば知らぬ間に完成

チャーシュー。そのまま食べてもおいしいし、ラーメンのトッピングやチャーハンの具材にと大活躍のメニューだ。「大好き! 」という人も多いだろうが、煮込み時間が長いため、手間がかかるのがネック。

しかし! 救世主、現る。それは、どの家庭にもある炊飯器だ。これまで、肉じゃがやチーズケーキなどを炊飯器でつくってきたが、チャーシューづくりでもいい働きをしてくれた。

フライパンで表面に焼き目をつけた後は、調味料や水、香味野菜と共に豚肉を釜に入れて「炊飯」スイッチを押すだけ。これでとろけるようにやわらかいチャーシューの完成だ。

材料
豚バラ、モモ、肩などのブロック 500g / 長ネギ 1/2本 / 生姜 1かけ / ニンニク 1カケ / 醤油 60cc(濃いめの味付けが好みなら90cc~120cc) / 日本酒 大さじ3 / 砂糖 大さじ2 / 油 適量

つくり方

1.豚肉は崩れないようにタコ糸で縛る。チャーシュー用の豚肉を買えば、写真のようなタコ糸ネットがついてくることも多いので、それを活用すると便利。
2.フライパンに油を入れて火にかけ、1の豚肉を焼く。表面がこんがり焼けるまでコロコロと転がそう。
3.炊飯釜に2と香味野菜(長ネギ、生姜、ニンニク)と調味料全てを入れ、その後に豚肉がひたひたになるくらいの水を入れる。ただし、炊飯釜の上限ラインをこえないように注意。そして炊飯ボタンを押す。

濃いめの味が好みの人は、醤油を1.5倍~2倍量使ってみよう。アツアツのチャーシューはやわらかくて切りにくいが、ここは自家製と言うことで思い切って厚切りにして堪能するのもよいだろう。煮汁と共に保存容器に入れて冷蔵庫に置き、冷たくなったものをスライスすると切りやすい。フライパンで軽く焼くと、完成直後のようなやわらかさになるのでオススメ。焼きあがったチャーシューに黒胡椒をふりかけてそのまま食べれば酒の肴になるし、細かく切ればチャーハンの具材になり、目玉焼きやマヨネーズと共にアツアツごはんにトッピングすればチャーシュー丼の完成だ。

【関連リンク】

ぶきっちょさんでもできた! 「炊飯器でつくるチーズケーキ」が超おいしい

炊飯器でサムゲタンをつくったら、あまりのおいしさに驚愕

炊飯器でごはんとおかずを一度につくる超ズボラレシピ

釜玉をパスタでアレンジしたらカルボナーラ風になった

人気記事

一覧

2016年7月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

プリンストン、4K/2K出力対応の折りたたみ式ドキュメントカメラ
[13:19 7/25] パソコン
なぜディープラーニングにはHPCが必要なのか - ISC 2016
[13:16 7/25] テクノロジー
.OFFなど8つの新gTLD登場
[13:09 7/25] 企業IT
ネットワン、感染端末の検知や推奨セキュリティ対策を提案するサービス
[13:09 7/25] 企業IT
Apple MusicのBeats 1で東京から番組をオンエア - DJ・Ebro Dardenが来日
[12:57 7/25] パソコン