【レポート】

ホームベーカリー「GOPAN」に新機種 - 冷やごはんが使えて、音は静かに

16万台を売り上げた人気ホームベーカリー

米からパンをつくれる人気のホームベーカリー「GOPAN」から新機種(SD-RBM1000)が登場する。製パンプロセスを改良した他、冷やごはんを使って食パンをつくる機能を新たに搭載するなど、さらなるおいしさと使いやすさを追求している。

「GOPAN」から新機種(SD-RBM1000)が登場する。発売日は12月15日

初代機種(GOPAN SPM-RB1000)は、2010年11月に三洋電機が発売。同商品は、反響の大きさから一時受注を見合わせるなど大人気商品となり、2011年9月末までの国内販売累計約16万台を記録した。今回発売する新機種(SD-RBM1000)は、2011年4月にパナソニックが三洋電機を完全子会社化したため、パナソニックブランドからの発売となる。

今回発売の新機種では、製パンプロセスを改良。新しくなった「ねり工程」では、ねりを従来の1段階から2段階に増やすことで、米ペーストとグルテンがしっかりなじみ、生地の伸びがよくなったという。また、改良された「発酵工程」では、新たにガス抜き工程を加え、パンのキメの均質化を実現している。

冷やごはんでもちもち食感の食パンを

新機能として、冷やごはんと小麦粉を混ぜてもちもち食感の食パンをつくる「ごはんパンコース」を搭載。ごはんは最大200gまで混ぜることが可能で、量を調整することにより、米の甘みや食感をアレンジすることができる。さらに、ミル時の運転音を従来の約65dBから約60dBに低減したと共に、自動投入ケースに高硬度のフッ素コートを採用するなど、使いやすさを追求している。

カラーはホワイトのみ。サイズは幅35.8cm×奥行28.2cm×高さ38.7cm、重量(米パンケースセット時)は約11.7kg。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。発売日は12月15日。

人気記事

一覧

2016年12月3日の運勢

イチオシ記事

新着記事