【レビュー】

定番仮想化ソフトはどんな進化を遂げたのか? - パラレルス「Parallels Desktop 7」

1 定番となった仮想化ソフト

 
  • <<
  • <

1/4

Macユーザにとって、Windowsのソフトの多さが眩しく感じられたのは遠い過去の話。Intel Macの時代を迎え仮想化ソフトが普及してからというもの、様相は一変している。先日メジャーアップデートを果たした定番仮想化ソフト「Parallels Desktop」は、OS X Lionのリリースという節目にあたり、どのように進化したのか。Lionへの対応と新装なった「Parallelsウィザード」「Parallels Mobile」をキーワードに、その新機能を検証してみよう。

* * *

現在ほどAppleが元気ではない時代、Macユーザにとってソフトタイトルの少なさは悩みの種だった。それでもMacを選ぶユーザのなかには、速度に難はあるが導入は容易なx86エミュレータ、力技としてPCI拡張カード型のDOS/V機(Orange PCを覚えている?)を導入し、Windowsを動かすことでその問題を解決しようとする者が存在した。

Intelプラットフォームに移行してからというもの、この"MacでWindows"というスタイルは急速に一般化した。「仮想化ソフト」の登場だ。

振り返れば、PowerPCアーキテクチャの時代は、x86向けのマシン語命令やハードウェアへのアクセスをPowerPCベースに変換せねばならず、それがボトルネックとなってパフォーマンスの大幅低下を招いていた。MacのCPUがWindowsと同じIntel x86に変わってからは、そういった変換処理が必要なくなり、複数のOSを同時に稼働させる「仮想化」の手法が利用可能になったのだ。

Lionに対応、iOSとの連携も容易になった「Parallels Desktop 7」

今回紹介する「Parallels Desktop 7」は、MacのIntelプラットフォーム移行後もっとも早い時期に登場したMac OS X向け仮想化ソフトだ。登場以来、OSの進化とともに機能強化を重ね、第7世代となる今回のバージョンではOS X Lionへの対応を果たしている。

Parallels Desktop 7の価格は11,500円、旧バージョンからのアップグレードは5,900円。2週間無料で全機能を利用できる試用版も用意されている。

OS Xのライセンスが変更されたことを受け、「Lion on Lion」がサポートされた

Chrome OSなどフリーなOSも、クリックひとつでインストールできるようになった

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 定番となった仮想化ソフト
(2) Lionに対応、90超の新機能も
(3) ゲストOSをらくらく導入「Parallelsウィザード」
(4) iPad/iPhoneとの相性も良好
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー