【レポート】

超絶人気で関連商品続々--「ブラックサンダー」、なんでそんなに売れるの?

「ブラックサンダー」をご存知だろうか。税抜30円、約22g、大人の手のひら半分ほどのチョコレート菓子が、なんと年間で1億3,000万個に迫るほど売れている。しかも若い女性に大人気という。関連製品も多数。誕生したばかりの新製品「白いブラックサンダー」は通販サイトでスイーツ部門4位。瞬間風速で1位になることも多いらしい。

「ブラックサンダー」の関連商品紹介はこちら

超絶人気「ブラックサンダー」、増殖中の"ファミリー"を紹介しよう

手の平サイズのチョコレート菓子が年間1億2,000万個以上を売り上げている。そのお菓子の名前は「ブラックサンダー」。ここでは、関連商品も続々と発売され増殖中の"ブラックサンダーファミリー"を紹介しよう。

ブラックサンダー

ブラックサンダー関連商品

ブラックサンダー飛躍の歴史

ブラックサンダーの製造元は東京の中堅菓子メーカー、有楽製菓だ。ブラックサンダーの誕生は1994年。同社のヒット商品「チョコナッツスリー」よりボリュームを持たせ、ターゲットを子どもから若者へと広げる戦略で開発した。甘いだけではなく、苦味と香ばしさという魅力もプラスした。

そのブラックサンダー、実は販売から数年間は苦戦していたという。それでも、ブラックサンダーに惚れ込んだ営業マンの奮闘で、まずは九州で売れ始める。しかし全国区にはならず、販売数の少なさから生産中止になってしまう。その1年後、再開を望む九州の営業マンの志に打たれ、当時の専務が販売再開を決断したとのことだ。

ブラックサンダーは大学生協の人気商品。冷蔵ケースに「冷やし」もある

ヒットのきっかけは大学生協だった。安いお菓子に目がない大学生向けに売り込んだところ、人気商品に。当時、絶妙なコメントで話題となっていた「生協の白石さん」のリクエストにも登場した。

さらに、2008年北京オリンピックの体操競技にて銀メダルを獲得した内村航平選手の好物として紹介されて注目度は一層アップ。内村選手のブラックサンダー好きを知った同社が、オリンピック直前に1ケース(320個)のブラックサンダーを提供したといい、内村選手が銀メダルを獲得すると、スポーツ新聞などでブラックサンダー好きのエピソードが報じられたのだ。下の売上推移を見てもらいたい。弊誌で紹介することでどこまで売上が伸びるのか……楽しみである。

ブラックサンダーの販売数とできごと

さて次回は、関連商品多数の"ブラックサンダーファミリー"について紹介しよう。

関連製品をチェック

人気記事

一覧

2017年8月18日の運勢

イチオシ記事

新着記事