【レビュー】

iPhoneに『STEINS;GATE』が登場! 気になる操作性を動画でチェック!

 

8月25日、ついにiPhone版『STEINS;GATE』、そしてiPad版『STEINS;GATE HD』がリリースされた。

コアなSFファンをも唸らせたストーリーと個性豊かなキャラクター、物語への没入感を邪魔しないフォーントリガーシステムなど、あらゆる点において高い完成度を誇る傑作アドベンチャーの完全移植とくれば、これはもうiPhone/iPadでゲームを嗜むユーザーであれば気にならないわけはないだろう。

iPhone/iPad向けに『STEINS;GATE』が登場

中でもとりわけ注目が集まっているのは、iOSならではのタッチパネル操作である。昨年「科学アドベンチャーシリーズ」の1作目である『CHAOS;HEAD NOAH』がiPhone/iPadアプリとして完全移植され高い評価を得たが、果たして『STEINS;GATE』の操作性はいかなるものに仕上がっているのか?

そこでiPhone版の『STEINS;GATE』をダウンロードして、さっそく触ってみた。今回はiPhone版『STEINS;GATE』の操作性にフィーチャーしたレポートをお届けしよう。

まずはなんといってもiOSに最適化されたフォーントリガーシステムだ。通常はiPhoneを横にしてゲームを進めていくのだが、途中で「Phone」アイコンが出たらiPhoneを縦にする。すると画面内に携帯電話が表示され、再び横に戻すことでしまい込むことができるのだ。まさに「電話」である。iPhoneのジャイロ機能をうまく使ったナイスな発想だといえるだろう。

iPhoneを縦にすると携帯電話が表示される

とはいえこの縦横の操作がもっさりしていてはゲームのテンポが悪くなってしまう。フォーントリガーシステムは本作をプレイする上で非常に重要な要素なので、そうなってしまっては致命傷だ。

ということで実際に試してみたが、フォーントリガーシステムの動きは非常にスムーズで、ストレスはまったく感じなかった。リリース前はiPhoneの小さい画面のどこに携帯電話を表示するのかと思っていたが、なるほどこれなら画面一杯に携帯電話が表示されても何ら違和感はない。よく考えたものである。

また、もともとタッチパネルと相性のいいアドベンチャーゲームだけあって、そのほかの操作性も非常に快適だ。2本指タップでメニュー画面表示、タップ&ホールドでオートモード開始、4方向のスワイプでメッセージスキップやテキストエリアの表示オフ……などなど、タッチの感度もちょうど良く、これまでのコントローラ操作よりもむしろ快適にプレイできるほどだ。

このあたりは、動画で実際に触って動かしているところを撮影してみたので、そちらをご覧いただければわかりやすいと思う。

iPhone版『STEINS;GATE』は、グラフィックのみならずUIや操作性においてもiOSの特性とゲームシステムをうまく両立させ、抜群の完成度を誇るアプリに仕上がっていた。iPhoneユーザーで、かつアドベンチャーゲーム好きならこれをやらない手はない、と断言しておこう。

(C)2009-2011 5pb. /Nitroplus


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

今田耕司「3 年前まで彼女がいた」目標は「東京五輪婚」と東野幸治に宣言
[06:00 8/30] エンタメ
宮根誠司「断ったら遺恨が…」弟子・川田裕美との共演を語る
[06:00 8/30] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子からのお触りに積極的発言「触ってもらえますか?」
[06:00 8/30] エンタメ
澤穂希、東京五輪に向けた今後の展望を語る『1周回って知らない話』初回2時間SP
[06:00 8/30] エンタメ
[三代目JSB・岩田剛典]サスペンスドラマ初挑戦 菅野、松嶋との共演に「光栄」
[06:00 8/30] エンタメ

本音ランキング