【レビュー】

奥の奥までOS X Lion 第2回 - 未知のパーティション「Recovery HD」を探る

1 密かに作成される「Recovery HD」

 
  • <<
  • <

1/4

OSのインストール/アップグレードといえば、CD-ROMやDVD-ROMからシステムを起動するもの……OS X Lionは、そういった既成概念を過去のものにした。それだけでない、起動ボリュームに未知のパーティションを作成するなど、ふと気づけば新しい取り組みを見せてくれている。今回は、そのパーティション「Recovery HD」の姿を追いたい。

■合わせてお読みください
【レビュー】奥の奥までOS X Lion 第1回 - Lionで変わる、Lionが変える「文書」のあり方

OS X Lionのインストールは、すこぶる簡単。Mac App Storeからダウンロード購入できるインストーラは、OS Xで一般的なバンドル形式のアプリケーション(*.app)であり、ダブルクリックして起動すればそのままSnow Leopardを上書きアップグレードしてくれる。DVD-ROMからブートするという手間はなく、新Mac miniに見られるSuper Drive廃止という決断にも少なからず影響しているのではなかろうか。

実際、OS X Lionのインストーラはよく考えられている。新・OS X ハッキング! 第6回『Lionへアップグレードするその前に~インストールDVDをつくろう~』でも触れているが、アプリケーションバンドル内部にはディスクイメージ(*.dmg)が収録され、DVD-Rに焼きブートディスクとして使うことも可能となっている。

OS X Lionのインストーラ内部には、DVD-Rに焼くとブートディスクとして使えるディスクイメージが収録されている

なにより、従来にない手法が採用されている。インストーラを起動し所定の手続きを進めていくと、既存の起動ボリューム(パーティション)の内容を損ねることなく容量が自動的に調整され、約640MBの「Recovery HD」というパーティションが新たに設けられるのだ。名前が示すとおり、このパーティションはシステム復元用領域として使用される。

「Recovery HD」の存在は、付属のディスク管理ツール「ディスクユーティリティ」では知らされないが、Terminalから「diskutil」コマンドを実行すれば確認できる。次の画面写真では、Lionがインストールされた64GB SSD(disk0)と、Snow Leopardがインストールされた250GB HDD(disk1)で、構造の違いを読み取れる。ここでパーティションタイプがApple_Bootの「disk0s3」が、Recovery HD用に確保されたパーティションだ。

Lionへのアップグレード後にdiskutilコマンドを実行すると、「Apple_Boot」というタイプのパーティションが作成されたことがわかる

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 密かに作成される「Recovery HD」
(2) 「Recovery HD」をマウントする
(3) 「Mac OS X Base System」を探索する
(4) リカバリーモードのココがおもしろい!

人気記事

一覧

新着記事

漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第318回 紛らわしい
[12:00 7/28] 趣味
NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT